line_box_head

ネパールの大地震からひと月が経とうとしています

(2015.05.21)

カルチャーのTOP

icon

nepal

コロンビア登山学校を開催するコロンビアスポーツウェアジャパンでは、ネパールの大地震を受けての支援寄付活動を5月1日から開始しています

 4月25日の大地震発生から、早くもひと月が経とうとしています。エベレスト登頂をめざしていたAG隊は今期の登山を中止して、現地にてしばらくの間、支援活動を続けてきました。そして、近藤謙司さんは20日に帰国。

 AG隊の一員としていっしょに活動していた「なすび」さんはいまだ、カトマンズ周辺でできることに邁進している日々だとか。

 18日付けの近藤謙司さんのブログ「けんけんブログ」によれば、「AGエイド活動は『しゃくなげの花プロジェクト』へ……」と題して、現地でのさまざまな想いを綴りつつ、エイド活動が次の段階に入ったことを報告しています。

しゃくなげの花プロジェクト」は、ネパールで被災された方々への支援をお願いする活動で、なすびさんの「エベチャレ」のシステムを利用したファンド。しゃくなげは、ネパールの国花であり、なすびさんの故郷、福島の県花でもあるそうです。

 また、AG隊といっしょにロブチェピークをめざしたコロンビア登山学校でも、ネパール支援の一環として、5月1日からサポートを続けています。

 登山学校の大もとであるコロンビアスポーツウェアジャパンによる支援活動で、日本国内にあるコロンビア、ソレル、マウンテンハードウェア、モントレイルを扱っている直営店(コロンビアスポーツウェア直営店、マウンテンハードウェア直営店、フットウェアストア)と、オンラインストアでの、5月1日から30日までの1ヶ月間の売上げの1%を支援期間を通じて、ネパールの現地へと寄付するという活動です。

 3.11の大地震では、たくさんのネパールの人々が手を差し伸べてくれました。今度は、こちらの番。日本からでもできることがある、近藤さん、なすびさん、そしてコロンビアの想いの詰まった被災地支援の活動です。

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot