line_box_head

20周年を来年に控えたあの国内最大ロックフェスの公式マガジン完成!

(2015.05.22)

カルチャーのTOP

icon

01

今年の「フェスエコ」は出演アーティストなど人物をフューチャー。たっぷりとした読みごたえは、もはやフリーマガジンの粋を超えている!?

02

フジロックツウとしても知られるピーター・バラカン氏と、今年初登場となるアーティスト岡村靖幸氏のスペシャル対談も! この対談の模様は6月2日インターFMでも放送される

03

巻頭のグラフィックページでは、臨場感溢れるさまざまな苗場のシーンを写真で展開

04

じつは3歳からフジロックへ行っているというモデル栗原類さん。長年通い続けてたどり着いたフジロックを快適にすごすノウハウを紹介

05

フジロックは3日間で洋邦200組近いアーティストが出演する。「これだけは絶対見ておきたい」と、各日の見どころを音楽ライターが徹底解説

 現在、「フジロックフェスティバル」は7月24日・25日・26日の3日間、日にち別の出演アーティストが発表されています。日本最大級のロックフェス開催に向けて、音楽好きの気持ちがいよいよ加速する季節になってきましたが、この時期恒例のフジロック公式フリーマガジン『Festival Echo』、通称「フェスエコ」完成のニュースがAkimama編集部にも飛び込んできました。

 フェスエコは、タワーレコードやHMV、BEAMS、アウトドア協賛直営店(詳しくは末部にて)などで約12万部配布され、あっという間になくなってしまうという人気フリーマガジンです。

 やはり気になるのはその記事。今年は、奥田民生やCERO、星野源など出演が決まっている邦楽注目アーティストのインタビューがぺージ増で掲載されいるほか、出演発表でフジロッカーが沸いた岡村靖幸氏と、ピーター・バラカン氏のスペシャル対談、そしてフジロックにプライベートで通うあの有名人たちが苗場の過ごし方を伝授する「フジロック・コンシェルジュ」などなど、読み込めばフジロックを100%……いや200%モノにできる内容になっているようです。

 配本は明日5月23日(土)から以下の店舗を中心にスタート! 売り切れ御免の人気フリーマガジン、気になる方はぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか。フジロック開催までは、残すところ60日と少し。チケット一般発売も先日から始まっています。


 
『Festival Echo'15』
配布店舗
TOWER RECORDS全国主要店舗 / HMV全国主要店舗 / BEAMS全国主要店舗 / アウトドア協賛 直営店(Columbia全国主要店舗 / CHUMS主要店舗 / OSHMAN'S主要店舗 / KEEN主要店舗 / LOGOS全国主要店舗 / ) and more!

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot