line_box_head

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』。 山のプロは、この映画をどう見たのか?

(2016.02.13)

カルチャーのTOP

icon

©2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会
 来月12日に、いよいよ『エヴェレスト 神々の山嶺』が公開される。原作の『神々の山嶺』(角川文庫刊/夢枕獏著)は、1994年から97年にかけて『小説すばる』に連載された長編大作。20年の時を経て、このほどようやく映像化された。実際にヒマラヤでの撮影が敢行され、迫力ある映像が話題になっている。世界最高峰であるエベレストを舞台に、孤高のクライマー・羽生丈二と、山岳カメラマン・深町誠、そしてふたりの男に翻弄される女・岸涼子の物語だ。

 本作品に実際のエベレストでの映像や写真の提供などで協力した国際山岳ガイド・近藤謙司氏に作品を見た印象などについて話を伺った。近藤氏は、エベレストに5回登頂しているエベレストのサミッターでもある。
こんどう・けんじ 1962年生。公益社団法人日本山岳ガイド協会公認国際山岳ガイド。アドベンチャーガイズ代表取締役。日本国内をはじめ、ヨーロッパアルプス、ヒマラヤ、北米など世界各国の山々を案内している。 ©アドベンチャーガイズ

フィクションとノンフィクションが交錯する。
ふたつのストーリーには、不思議な因縁がある

—いよいよ封切りまで一ヶ月。ここ数年山岳映画が多いですよね。

「そうだね、『エベレスト 3D』が去秋に公開されて、その半年後にこの『エヴェレスト 神々の山嶺』があるという…。エベレストづいている感じがするね。じつは、『空へ INTO THIN AIR』(ジョン・クラカワー著)は、『神々の山嶺』と同時期の1997年に出版されていて書店に並んでいた。一般の人は、混乱しちゃうよね、両方エベレストの話しだし。片やドキュメント、片やフィクションだけれど。今回も近い時期に映画が公開されるし、タイトルにもエベレストってついているし。本が出た時期も同じで、映画化も同じ。ほんとうに偶然なのかなぁ」

ローツェからのぞむ神々しいエベレスト。この映画の舞台だ。8,848メートルの山頂が天に刺さっているよう。©アドベンチャーガイズ

 2つの作品が、ともに「エベレスト」と冠しているだけに、山に精通していない人にとっては、「なにがどう違うのか?」と疑問を抱くかも知れない。

 映画『エベレスト 3D』は、1996年に実際に起きた大量遭難事故を描いた作品だ。ジョン・クラカワー氏は、この事故で生還を果たし、自身の体験を『空へ INTO THIN AIR』という本に綴った。そして、『エヴェレスト 神々の山嶺』は、夢枕獏氏が構想から20年という歳月をかけて書き上げたストーリー。しかし、物語の軸になるイギリス人登山家ジョージ・マロリーは実在の人物。1924年にエベレストに初登頂したか否かはいまでも謎のままになっており、遺体は発見されたものの、持っていったカメラは発見されていない。フィクションとノンフィクションが入り交じるストーリー展開だ。

昔は羽生丈二がうじゃうじゃいた。人間くさいキャラクターたち

阿部寛さんが演じる羽生丈二。彼はいったいネパールでなにをしようとしているのか?
©2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

ー阿部寛さん演じる羽生丈二という孤高のクライマー。同じ山ヤとして憧れる部分ってありますか?

「羽生は、昔ながらの登山家だよね。俺の人生、山! 山のためなら仕事辞めるだろ!って。いまはそういう人いないけれど、昔はそんな人だらけで。剣道や柔道にちかい、精神鍛錬、登山道みたいな雰囲気はあって、羽生丈二みたいなのがうじゃうじゃいた。"単独"という言葉が70年代、80年代に出はじめてきて、野心に溢れた人がいっぱいいた。」

1 2 3
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot