line_box_head

野外選曲家の実戦主義選曲録 其の十一 仕事や遊び、そして飲み物にも''ぬるさ''は必要ない!

(2017.02.17)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルチャーのTOP

icon

画像

フランスのレーベル、Royal Drumsから2006年にリリースされた。パーカッションとサックスがエレクトロに絡んでいく。

画像02

「太陽の光が降り注ぐ暑いビーチで氷のように冷たい水を、スキー場のリフトの上では熱いコーヒーを提供」するハイドロフラスク。この12オンス(約350ml)のスタンダードマウスが3780円(税込)。他にも様々ななボトルがラインナップされている。

野外選曲家・河合桂馬の実戦主義選曲録 其の十一
Tribal Man / Sax My Drums!

 野外フェス、トレッキング、キャンプなどのアウトドア・アクティビティの時はもちろん、車中や仕事場へと、普段の生活でも持ち歩くことの多いマイボトル。そんなボトル業界で今一番ホットなブランド『ハイドロフラスク』が2017年、日本へ初上陸しました。

 2009年、オレゴン州のベントという町で生まれた『ハイドロフラスク』は、豊富なサイズとカラーバリエーションで人気を博し、機能性や独自のデザインが認められ確実にファンを増やし続け、ハワイを始めアメリカで大流行。なんと今や全米NO.1ボトルブランドにまで上りつめました。そんな『ハイドロフラスク』が満を持して日本に上陸ということで開催されたローンチパーティーにてDJをしてきました!

 関係者向けのクローズドのパーティーだったのですが、Eggs’n Thingsのパンケーキや、コナビール、vitamix × sambazonのアサイーボウル、サンシャインジュースのコールドプレスジュースなどが振る舞われるという豪華ぶりで、会場は多くの来場者で埋め尽くされていました。ちなみにこの『ハイドロフラスク』は保冷 or 保温ができる真空断熱仕様なので、「野外選曲家」という仕事をしている河合桂馬にとっては、灼熱の陽射しの中でDJする時もキンキンのビールが飲め、身も凍る寒空のもとでDJする時もあつあつのコーヒーが飲めるという頼もしい相棒になってくれるはずなので、現場で使うのが楽しみです。「仕事や遊び、そして飲み物にも『ぬるさ』は必要ない」という『ハイドロフラスク』の理念のもと、僕のお気に入りのこのパーティーチューンで会場を激アツにしてきました!

Tribal Man / Sax My Drums

 2月からウェブでの先行販売が開始され、店頭では3月から販売開始になるそうなので、是非チェックしてみてください!マイボトルを持って、地球にもお財布にも優しい生活を心がけたいものですね。

文=河合桂馬 http://keimakawai.com

ハイドロフラスク

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アキママをフォローする

SNSで最新のNEWSをお届けします

  • Twitterをフォローする
ライター
akimama
line_box_foot