line_box_head

夜通し踊れるフェス型の結婚式も! 自由度MAXな「アウトドアウェディング」の魅力

(2017.04.19)

カルチャーのTOP

icon

 友人や親戚の結婚式・披露宴に何度も出席すると、「こういう演出、多いよなあ」と思うこともあるのではないでしょうか。正直、イベントとしてはもう飽きた……と感じることもありますよね。

 自分が結婚式を挙げるのならば、自分もゲストも新鮮に楽しめるものにしたい。そう考えたとき、アウトドア好きとして視野に入ってくるのが「野外ウェディング」です。自然のなかで行うパーティーなら、形式にとらわれず、思いっきり自分らしい内容にできます。
 実際には、どんなパーティーが行われているのでしょうか。都内・関東近郊でアウトドアウェディングを手掛ける「Slow Wedding」の代表でアートディレクターの山内芸雄丸さんに、その魅力や今までの例、気になるコスト面までうかがってみました。

「Slow Wedding」はスタートして3年目とのこと。これまで、どのような場所で式を挙げてきたのでしょうか?

山内芸雄丸さん(以下、山内):今までお取扱いしたアウトドアウェディングは約20例。会場は、キャンプ場や農園、農場、牧場、ガーデンレストラン、カフェ、野外のレンタルスペース、スタジオなどでした。ゲストさんのアクセスの面などを考え、東京を中心に関東近辺のエリアで都心から2時間以内のところというご希望が多いですね。

アウトドアウェディングというと自然の中なのかなと思っていましたが、ガーデンレストランなども含まれるんですね。形式はさまざまだと思いますが、どんな感じの式が人気なんですか?山内:フェスやキャンプをテーマとしたアウトドアウェディングが人気ですね。もともとアウトドアがお好きだったり、音楽や旅行、レジャーに関心が高い方などが多くて。新郎新婦の共通の趣味がキャンプだったとか。出会いのきっかけがフェスだったという方もいましたね。

式の始まりと結びはきちんと行って、セレモニーの雰囲気は守りつつ、ドレスコードをスーツではなく平服などカジュアルなモノにして、肩肘張らずに楽しめるようにする……というケースが多いですね。

(「具体的にどんな式があったか?」に続く)

1 2
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot