line_box_head

【海外】カシミールという地名からは想像もできなかった、上質パウダーと深い深いツリーランの旅

(2018.01.02)

カルチャーのTOP

icon

 2018年のお正月をどんなふうに過ごしていますか? 家でゆっくりしている人もいれば、待望のパウダーを求めてストームチェイスしてる人も多いかと思います。Akimamaスタッフは、どちらかと言えば後者。雪を求めてあちこちの山に出向いておりますよ。

 さて、そんな中でお届けするのはSALOMON TVの作品。スウェーデンの女性プロスキーヤー、ロヴィーサ・ローゼングレンはフリーライドを中心に活動してきました。彼女が目指したのは、カシミールのスキーエリア、グルマルグです。同行するのはフリースタイルスキー界きってのスリルジャンキー、コーディー・タウンゼントと、ソルトレイクをベースにクライミングやスキーを楽しむカレン・トリエンの2人。3人はそろってカシミールで極上のパウダーと刺激的な旅を楽しもうと旅立ちました。

 映像で注目すべきはカシミールという土地です。ここにどんな文化が根付いているのかを、旅の視点で眺めてみましょう。街を歩くカットでの背景や、雑踏の音、バックに流れる現地の音楽などが、いやが上にも旅心を掻き立てます。そんな中、三人のスキーヤーたちは普段暮らす世界とは全く価値観の違う文化に触れて、様々なことを考え直します。

 そこから続くスキーのシーンは、じっとしているのが難しくなるほど。パウダーのシーンでは斜度といい地形といい樹の間隔といい、日本だと言われても違和感はありません。(Akimamaは檜枝岐の周辺や、北海道の道南エリアを思い出しましたよ) なんとなく親しみのある風景の中、深い深い雪の中でダンスをするように泳ぎ抜いていくスキーヤーたちの映像に、足はムズムズするばかり。今すぐにでも滑りに行きたい!と思わせる美しさです。

 そして何よりも驚かされるのが、カシミールという土地にこれほど大規模なスキーリゾートが存在していることです。ゴンドラで簡単に山頂にアクセスし、そこからはバックカントリーを滑りたい放題。世界にこんな場所があるとは、本当に驚きです。

 ストーリーはおなじみの字幕オン、自動翻訳→日本語で大まかに追いかけることができます。SALOMON TVのシリーズは映像も美しく、見ごたえのある映像が多くアップされています。お正月のこたつの中で、あるいは渋滞にハマった車の助手席で、ぼーっと眺めてジワジワとテンションを上げていく、といった向きにおすすめですよ。

■Salomon TV: Dream Trip: Kashmir

(アイキャッチなど、画像は上記サイトから引用)

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot