line_box_head

名作「MOUNTAIN SURF」が日本限定復刻! しかも改良点が気持ちいい

(2014.12.11)

道具のTOP

icon

画像

スキーにも使えますが、やはりスノーボーダーに愛されたモデル。日本のスノーボーダーたちの熱望に応えてついに復刻です

画像02

今回の改良点の最大のポイントはこのウエストハーネスの形状。3D形状にすることでホールド感がさらに増しています

画像03

実際に装着してみるとわかります。腸骨を包み込むようなホールド感は最高。滑走中の一体感が期待されます

画像04

TRUE BLACK、HURRICANE BLUE/GALE BLUEの2色展開。個人的には、かつてあったPAPAYA/MANGOにも惹かれるものがありますが……

 ホグロフスの名作バックパックの一つ「MOUNTAIN SURF(マウンテンサーフ)」が日本限定で復刻したというのでホグロフスストア原宿に現物を見にいって来ました。

 そもそもこのMOUNTAIN SURF、2008年にバックカントリースキー・スノーボードのデイトリップに最適なモデルとしてリリースされ、2011年度まで販売されていました。エッジガード付きのフロントストラップとか、ショベルやプローブなどアバランチレスキューギアがきれいに収納できる気室、ボードやスノーシューを装着したまま開閉できるバックパネルローディング式のメイン気室、ゴーグルやサングラスを収納できるポケット、ハイドレーションチューブの凍結を防げる収納式のハーネス、ホイッスル付きチェストストラップなどなど、本当によく考えられたバックパックなのです。しかも名前がまたいい!

 スキーヤーをメインターゲットとしているホグロフスでは、このモデルは廃盤となり後継としてSKRÄがグローバルに展開されていましたが、復活を待ち望む日本のスノーボーダーの声に応えるべく、今回、日本限定での復刻とあいなったそうです。

 今回の復刻モデルですが、単なる復刻じゃありません。素材のリニューアルや気室内のポケットの一部省略などによって軽量化を実現。従来モデルより約300g軽くなっています。そして何より特筆すべきは、ウエストハーネスの改良です。元々ホールド感に定評のあったMOUNTAIN SURFなのですが、今回3D形状となりさらにホールド感がアップしています。実際に背負ってみたところ、骨盤の腸骨(一番出っ張った部分)を包み込むようにホールドする感覚がかなり気持ちいいです。滑走時のストレスはかなり軽減されるはず。

 ということで、個人的にも購入を決めてしまいました。ますます滑りたい熱がヒートアップ中なのです。


■製品概要
MOUNTAIN SURF
価格:22,500円(税別)
容量:30L
重量:1300g
カラー:TRUE BLACK、HURRICANE BLUE/GALE BLUE


・大きく開くバックパネル開口。スキーやスノーボードを取り付けたままでアクセスが可能
・グローブをしたままでも握りやすいHypalon® 素材のジッパープルタブ
・雪のつきにくいバックパネル用生地
・スコップやゾンデなどのアバランチ装備を収納できる2つのチューブポケット
・鍵や貴重品用の内部ポケット
・レンズをやさしく包む起毛生地を使ったゴーグルポケット
・バッグ内部の2つのメッシュポケット
・グリップ力の高い裏地を使用したヒップベルト。2つのポケットを装備
・ハイドレーションチューブは凍結を防ぐようショルダーストラップに収納可能
・ホイッスル付のチェストストラップ
・スキー、スノーボードをサポートするためのフロントパネルストラップ
・Hypalon® 耐久加工したサイドパネルスキーストラップ
・Hypalon® 耐久加工したフトントスノーボードストラップ
・反射プリントによって夜間の視認性を向上

■問い合わせ
ホグロフスジャパン

(文/写真・渡辺信吾)

 
 
ライター
渡辺信吾

アウトドア系野良ライター。デザイナー、Webディレクター、コーディネーターとしても活動中。波乗り、雪乗りで一年中真っ黒。 ホームページ「NORA」

line_box_foot