line_box_head

LEDランタンのあの“名品”に暖色系が加わった!

(2016.02.02)

道具のTOP

icon

 折り紙のように折りたため、ソーラー充電で電池いらず。小型ランタン界に新風を吹かせた「SOLARPUFF(ソーラーパフ)」をご存知でしょうか?

 このソーラーパフは、もともと災害地や電気環境の乏しい地域に住む人々のために開発されたLEDランタン。現在もなお世界の人口のじつに1/4にあたる約16億人は、電気のない生活をしているそう。そんな状況に暮らす人にもっと快適な暮らしを……と、手の届きやすい価格で安定した明かりをもたらすために誕生しました。

 今回のニュースは、これまで白色LEDだったソーラーパフに、暖色系LEDを用いた「ソーラーパフ・ウォームライト」が加わったというもの。
 

 第一弾の白色LEDタイプと同様に本体には小型ソーラーパネルが搭載され、太陽の下8時間でフル充電。重さもわずか75gと軽量で、登山の際はこうしてバックパックに外付けしておけば、知らぬ間に充電が終わっています。

 たたんだ状態でベルトを引っ張ればすぐにシェードが立ち上がり、収納時は上から軽く抑えてたたむだけ。これも省スペースで効率よく被災地などに輸送ができるようにという思いから生まれたアイデアでした。

 シェードの生地はヨットのセール地を使い、光の拡散性もマイルド。落としても壊れないので取り扱いにも気を使いません。もちろん! 防水仕様なのでキャンプや野外フェス、さらには山でのテント泊の食事にも使いたくなります(暖かみのある明かりのなかでご飯を食べたい!)。

 フル充電の場合、連続点灯は弱モードで約12時間。部屋のコーナーや階段、出窓などで夜間光らせておくのもいいですね。

ソーラーパフ ・ ウォームライト
■価格:¥3,400+税
■サイズ:11×11×11cm(使用時)
■重量:75g ■材質:PET/PP
■LED:10灯(暖色LED) ■モード:強/弱/点滅
■明るさ:強/90ルーメン、弱/60ルーメン
■連続点灯時間:強/6時間、弱/12時間
■電池:リチウムポリマー電池
■電池寿命:充電回数 約500回

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot