line_box_head

HAGLÖFS × 極端通勤
新作バックパックKATLAでエクストリームな通勤してみた!

(2016.08.30)

道具のTOP

icon

 ヤァ! 俺の名前は、極 端男(きわみ・はしお)。極端なことが大好きだ!
 今回、ホグロフスの新しいバックパック『KATLA25(カトラ25)』をゲットしたんで、早速使ってみるぜっ。

 おっと、聡明なAkimama読者のみなさんならお気づきかと思うが、いわゆるタイアップってやつだ。物品を提供してもらって書く広告記事さ。でもだからといってAkimamaは安易な記事は書かないぜっ。ホグロフスの中の人もAkimamaらしく書いていいと言ってくれた。だからこの俺様が、KATLAを使って極端な通勤スタイルを実践してやるぜ。

 くれぐれも特別な訓練を積んだ俺だからできることだ。よいこのみんなはマネしちゃだめだぞっ。

 よく晴れたいい朝だぜ。今日も暑くなりそうだな。俺ん家から会社までは、海を渡るのが手っ取りばやいんだ。つうことで、まずはサップで海へ漕ぎ出そう。ちなみにサップってのはスタンドアップ・パドル・ボードのことさ。なんでサップっていうのかは俺も知らねー。

 KATLAの主気室はかなりでかい。服やタオルなんかも余裕で入る。ドローコードをぎゅっと絞って主気室を閉めたら、雨蓋を閉じてセット完了。さぁパドルスタートだぜっ。

 KATLAのボディの生地はソフトターポリンでできている。ターポリンってのはイベント用テントの天幕や屋外用の懸垂幕などに使われているビニールコーティングされたあの生地さ。だから多少濡れても水は浸みてこない。とはいえ防水パックじゃないから、沈(チン)したらアウトだ。慎重且つ大胆に海を渡るぜっ!

1 2 3
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot