line_box_head

【履いてきた】MERRELLの新作GORE-TEXサラウンドブーツをフィールドでチェック!! その②

(2016.12.04)

道具のTOP

icon

 MERRELLの新作「カプラ ヴェンチャー ミッド ゴアテックス サラウンド」のフィールドチェック。第2回目は、いよいよ、注目のメガグリップの実力。滑りやすいマッディな裏高尾の日陰ルートや霜と氷がミックスした北八ヶ岳まで、とことん歩いてきましたよ〜。

(フィールドチェック その①)はこちら

*****  

「2. ビブラム社の「MEGAGRIP」を搭載」をチェック!!
ソールのつま先側に刻まれた「MEGA GRIP」の文字は、安心安定なる歩行への目印ともいえるもの。ぜひとも試して欲しいです、このグリップ感
 いよいよ、ソールのビブラムのチェックです。もう名称からしてメガグリップですよ、メガグリップ。ビブラム社によれば、通常の同社のトレッキングソールに比べ「縦方向で30%、横方向で20%」も滑りにくくなっているとか。どうして滑らないのかは、ビブラム社の企業秘密でもあるので詳しく知ることはできないのですが、使用した実感として。

 これは凄い。まさに、メガです! そのむかし、(声を小さく)メレルシューズのソールは岩場に弱く滑りやすい、なんて思っていたこともありましたが、これはもう過去の話。滑りやすいマッディな地面もガレた岩場でも、雪とのミックスルートでも「グリッ」と大地を掴んでいる具合がわかります。

 これは素材自体のグリップ力もさることながら、深さ3.5mmのラグを刻んだソールのパターンにも工夫があるからです。カプラのソールにもある「山羊のひづめ」からヒントを得たラグパターンが、このカプラ ベンチャーにもちゃんと受け継がれています。
裏高尾でのグリップ力テストの様子。秋口の高尾のトレイルは、こんな具合でした。陽の当たりにくいところには水たまりが残り、マッディで滑りやすい地面となっていましたが、全然滑りません。そのほか、ザレ場が少しあるくらいでとても歩きやすい場所でした。アザミも盛りを終え、ひっそりと冬の準備を始めていました

1 2
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot