line_box_head

冷え性のかたに朗報。ぐっすり眠れて、夢も見なくなる!?  光電子素材を使った「C3fit アンクルカバー」

(2017.03.14)

道具のTOP

icon

「足が冷たくて、眠れない…」、「春先のアウトドアはまだ寒いよね…」
 などと、冷え性の多い女性がつぶやく、春まだ浅きこの季節、高機能保温素材で話題となった光電子のアンクルウォーマーが、C3fitのリカバリー専用コンディショニングウエア「Re-Pose」のひとつとして新たに発売された。

 おもにスポーツやアクティビティ前後の大切なコンディショニング(休息などをとり、体の状態を最善に整える)のために開発された商品であり、発売を前に行なわれたモニタープレゼント募集では、2万通を超える応募があったという。

 2万人から選ばれて発売前に商品を手にしたモニターからは、
「トレイルランニングなどの大会に出ることも多いのですが大会前の大事なときに、足が冷たくて不眠状態でした。でもこの製品を使ったら足がホカホカ。よく眠れたんです」(会社員24歳女性)
「立ち仕事で足がむくんでいましたが、アンクルカバーをつけたらふくらはぎの重だるさも楽になり、ゆっくり休めました」(看護師 46歳女性)
「スポーツのウォーミングアップに使ったら、いつもより動きが良くなり、記録が伸びた」(自営業 38歳男性)
などの声が寄せられたという。

 そこで私も、この光電子入りのアンクルカバーを雪山取材中に使ってみた。光電子入りのウエアは発売されているが、アンクルカバーというところが新鮮。小さくて手のひらサイズに畳めるのに、足首から温かさが全身に広がってくるよう。足首には三陰交というツボもあるし、東洋医学では昔から、「3つの首を温めろ」と言われている。動脈が通る「首」部分を温めることは、体全体の血流を良くすることにつながる。

 光電子®とは、自らの身体が放射する「体温(遠赤外線)」を還元し保温する高機能素材。左右の手のひらを向き合わせると、触れているわけでもないのにじんわりとあたたかさが伝わってくる。それが、カラダから出る遠赤外線で、光電子ウエアのあたたかさの秘密は、着る人の体温=遠赤外線を活用(輻射)することにある。

 リカバリー専用コンディショニングウエアのRe-Pose(リポーズ)シリーズの着用感を、「日本百名山ひと筆書き」で一躍名を馳せたプロアドベンチャーレーサー・田中陽希さんは語る。
「つねに過酷な自然に挑み続けるには、眠りが大事。動くことと同様、休むことも競技の一部なので着心地がよく、リラックスできるウエアを選びたいですね。光電子入りのウエアを着てから、僕は夢を見なくなった気がします」
(写真:リカバリーの大切さを語る田中陽希さん)
 コンディショニング用とあるが、朝のランニングにも使ってみた。まだまだ寒い春先のアスファルトからの冷え、タイツとソックスの隙間からの冷えを感じる朝のランニングだが、着用してからすぐに足元はぽかぽか。走り込んだような感覚で、冷えからくる着地時の「ぐきっ」も心配いらない感じ。足取りも軽く、走ったあとの筋肉の疲労も心なしか軽減しているような気がする。

 立ちっぱなしの冷えるスキー場で、スノーブーツの下に履けば、足元から体全体がじんわり温かくなってくるのがわかる。就寝時はもちろん、スポーツに使えばよりアクティブに。またこの時期、手首に付ければ手首ウォーマーになってパソコン使用時の手首の冷えも解消できる。アクティブな生活を行う上で、日々のリカバリーはとても重要。光電子の遠赤外線効果を利用した自然な温かさで、しっかり休んで、しっかり遊ぼう!【ギアレビュー取材協力=ゴールドウイン】

C3fit RE-POSE アンクルカバー

定価:2160円(税込)/カラー:ブラック/サイズ:S、L
女性や足首が細い方にはSサイズがおすすめ。

問い合わせ先
ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
TEL.0120-307-560 または 03-3481-7266

 
 
ライター
Hochi Naomi

年間150日は野外で過ごす元祖・肉食系自然派ライター。シーカヤック歴は23年、世界一周ヨットに3年連続便乗取材中。狩猟免許と看護師免許を持ち、最近はトレイルランニングにもはまっている。著書に「タムタムアフリカ」(山と溪谷社)ほか。

line_box_foot