line_box_head

【海外】ぐりぐり回してスマートフォンを充電する、野球ボールサイズの発電機「HandEnergy」

(2017.03.14)

道具のTOP

icon

 球状のケースの中のジャイロを高速で回すことで手首や腕を鍛える「パワーボール」と呼ばれる器具があります。あれを発電に使ったらこうなりました、的なアイテムです。

「HandEnergy(ハンド・エナジー)」は直径7cmの球形といいますから、だいたい野球の硬式球くらいのサイズ。内部におもりのついたローターを備えており、スターターリングでローターを回したら、あとは「HandEnergy」そのものを上手く振ったり回したりしながらローターにはずみをつけて加速させていきます。

ローターにはしっかりした重さが必要なようで、380gの数字は仕方ないところでしょうね。最終的にどのくらいの電力を生み出すことができるかは、何時間回すことができるかという筋力の問題につながってきます

 このローターは小型の発電機につながっており、旅先やキャンプ地でも必要な電力を得ることができるという仕組みです。発電量は5V、1Aとたいした量ではありませんが、一般的なスマートフォンを充電するにはじゅうぶんだそうです。もちろん内部にバッテリーを備えており、おこした電気をためておくことも可能です。

 基本的な構造はパワーボールと同じですから、ローターを加速させるだけでも楽しい。その、今まではただ遊びに使っていた動きを無駄なく電力に変えることができるという点は画期的と言えます。たき火を眺めながら、長旅の列車を待ちながら、あてのない散歩をしながら、その空いた手で必要な電力をおこすことができるわけですから。

必要な電力は自分で生み出す。この感覚は、アウトドアとも相性はいいような気がしますよ

 アウトドアでもスマートフォンを介して人とつながっていたい。現代的な望みを叶えるために、自分の力や時間を使うというのはなかなかにフェアな取引のような気がしますよね。

 詳細についてはこちらのムービーが分かりやすいかもしれません。
■HandEnergy: Your Pocket Energy Generator

興味のある方はこちらのサイトへ。日本からもオーダー可能だそうですよ。
https://www.indiegogo.com/projects/handenergy-your-pocket-electricity-generator-powerbank-energy#/

(アイキャッチなど、画像は上記サイトから引用)

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot