line_box_head

そのバックパック10年以上使えますか? MACPACが丈夫なパックを作る理由

(2017.05.09)

道具のTOP

icon

ニュージーランドにあるmacpacの直営店。本国ではウェアからテントまでラインアップしたトータルブランドだ。

 十年一昔。最近は10年どころか5年、3年くらいの周期で変化を遂げている気がする。ふと、10年使っているもはあるかと、身のまわりに目を向けてみる。

「あった」

 macpac(マックパック)のウエストバッグだ。使いはじめてからかれこれ11年が経つ。表面の色は多少褪せた感じはあるものの、買ったときとほぼ変わらない使い心地で所有するバッグのなかでも登板回数は群を抜く。

 このウエストバッグにはAZTEC®(アズテック)というmacpacが独自に研究・開発した素材が使われている。摩耗に強い綿と腐食に強いポリエステルを混紡した、いわばイイトコドリの糸で織られた耐久性の高いハイブリット素材だ。

 アズテック最大の特長は、ポリウレタンコーティングがされていないことだろう。もし、いまバックパックなどナイロンやポリエステル製のものを持っていたら、生地の裏側を見てみよう。少し光沢がないだろうか。それがポリウレタンコーティングだ。アウトドアギアに限らず、多くの製品が耐水性を高めるためにこのような加工を施している。

コーティングが剥がれている状態。見た目ではわからないがベタベタと粘着性が出ることもある。写真では伝わらないがとても臭う。©naomi.s

 しかし、このコーティングは年数が経つと、ポリウレタンが水分と反応して剥がれてしまう。しばらく使っていなかったジャケットやバックパックを引っ張り出したら、シワシワにへたって変な臭い(なんともいえない悪臭がする)がした! という経験がある人もいるだろう。これは加水分解といわれていて、スニーカーの靴底がベロンと剥がれるのと同じ分解反応だ。経年劣化は保管状態にもよるが、湿気はなによりの天敵でもある。

 macpacが生まれたニュージーランドは年間を通して降水量が多い。日本と同じく海に囲まれ、自然は多様に満ち、さまざまなアウトドアアクティビティが盛ん。

 なかでもトランピング(いわゆるトレッキングのこと)は日本の山岳縦走とはひと味違う。さまざまなルートがあるが、アップダウンを繰り返し、徒渉も多い。自然のままのとてもワイルドな道のりだ。そうした環境を乗り切るにはタフなギアが欠かせない。一度、ニュージーランドを歩けば、なぜアズテックが生まれたのかがすぐに分かる。多湿の日本でもアズテックは優位だ。なにせ加水分解の心配がない。

1 2 3 4
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot