line_box_head

冷え冷えビールは自分で確保。最強ソフトクーラー「アイスミュール」を夏フェス、海キャンで使い倒してみた。

(2017.07.05)

道具のTOP

icon

 昨年の夏、モチヅキから発売となった粋なソフトクーラー「アイスミュール」。Akimamaでも、発売当時に新商品の紹介記事「コンビニで買った氷が丸一日たっても残ってる!! バックパックタイプのソフトクーラーの実力を見た。」として扱っておりました。そこではかなりの閲覧数。新しモノ好きのココロをくすぐる注目のアイテムだったということでしょう。

 そしてAkimamaチームは考えました。ならば、このアイスミュールをトコトン使い倒してやろう……と言いながら、じつはかなり気に入って折りあるごとに使い続けてきたのですが。そんなこんなで、アイスミュールの実践編。Akimamaチームはキャンプよろず相談所も兼ねるメンバーでもあるだけに、あちらのフェスこちらのフェスと大人数で飛び回ることが多いのです。さらにはみんな大のビール好きでして、アイスミュールの活躍どころも多々ありました。なんたって、いつでもどこでも飲めるキンと冷えたビールを、自分たちの背中に確保できているんですから。

scene01 夏フェスの現場にて
2016年のフジロック/キャンプサイト、キャンプよろず相談所の前にて。見た目はふつうの防水バッグですよね、バックパックタイプの。でもこれは、れっきとしたソフトクーラーです
 日本で夏フェスの王様といえばフジロック。キャンプサイトに泊まったことのある人ならどこかで見たことのある背景ですよね。そしてメンバーの背中にあるのはアイスミュールのプロクーラーです。バックパックタイプになっているので、言わずもがなのハンズフリーです。

 夏フェスの現場では、たくさんの荷物をコロコロワゴン車に満載にして砂利道で悪戦苦闘しているグループをよく目にします。たしかに一度に多くの荷物を運べるのは魅力。でも、あまりに度を越して詰め込みすぎたがゆえに荷物の崩落が起こり、ひいては車輪にダメージが! なんてことも。そんなシーンのあとに起こりがちなのが、こんな相談。
いまや夏フェスの定番のシーンともなってしまったコロコロに満載した荷物を引く面々。でも現場はすべてが舗装されているわけでもないので、意外と使いにくかったりもするのです。だから、荷物の詰め込みすぎには要注意。でないと、車輪が壊れちゃいますよ~。下の写真はキャンプよろず相談所に持ち込まれた「車輪直して~」の案件です(sumi☆photo)

 ここ数年、キャンプよろず相談所に持ち込まれる相談で多いのが「コロコロの車輪が壊れちゃいました! 直して~」と言った類のもの。車輪が外れただけならまだしも、付け根の金具が壊れちゃったり、なかには車軸が曲がってしまっているものも……相当、積み込んだんでしょうね。ま、なんとか直せはしますけどね。でも、ちょっとスマートじゃないな、なんて気もします。

 そんなこと言って、Akimamaでもアウトドアワゴンの記事があったりするじゃないですか! と、ツッ込まれそう。ホラ、こんな記事(「キャンプインフェスの定番にして、家庭でも大活躍のコールマンアウトドアワゴン。愛用してます」)。ま、幅も広く、いろいろな記事があるのがweb版のアウトドア雑誌たるべくAkimamaのいいところでもありまして……何卒ご容赦のほどを。

 でも、やっぱりアウトドアの基本はハンズフリーがいいなぁ(個人的には)。だって、山登りではハンズフリーが基本じゃないですか。自分の背中で必要なものだけを担いで登るあのフリーダムな感覚は、両手が空いていないとなぁなんて気もするんですよ。でも、ハンズフリーでなにを運ぶんじゃと問われれば、ビールです!! と答えてしまう。ね、フリーダムでしょ(笑。

 話が右往左往しておりますが、アイスミュールです。ここで背負っているのはプロクーラーのXXL。容量は40ℓで、ビールに換算すれば350㎖缶で36本も入ります。もちろん、氷のスペースも含めて。350㎖が36本ということは、12.6ℓ。なかなか一気には飲み干せない量ですよね。まさに、キャンプよろず相談所のような大所帯にはピッタリのアイテムです。

よろずメンバーは休憩時間中にアイスミュールにビールをたくさん入れて、山の上にてプチ宴会に出動!! 両手のひらに乗るくらいの氷のブロックひとつでも20数本のビールはキンキンに。しばらく歩いたけれど、この程度では氷は溶け出す心配はまったくなしでした。左下の写真のように、アイスミュールに空気を吹き込めば、周りの壁面が膨らんで冷やすべき面積も小さくなります。これが、キンヒエの秘密

1 2
 
 
ライター
tetsu

山岳•アウトドア関連の出版社勤務を経て、フリーランスの編集者に。著書に『テントで山に登ってみよう』『ヤマケイ入門&ガイド テント山行』(ともに山と溪谷社)がある。

line_box_foot