line_box_head

電池管理の面倒から解放。さらに充実してきたUSB充電式ヘッドランプ

(2017.11.28)

道具のTOP

icon

 2016年に書いた「この分野の進化が著しい。USB充電式ヘッドランプが便利すぎる!ナイトコア T360」から1年。アウトドア用ヘッドランプにもUSB充電式が充実してきた。ペツルのアクティックコアやブラックダイヤモンドのリボルト、写真はマイルストーンのMS-B1プラスだ。

 LEDヘッドランプが初登場した頃は、20ルーメン程度と暗かったが、今やコンパクトモデルのペツル アクティックコアは350ルーメン、マイルストーン MS-B1プラスは250ルーメン、ブラックダイヤモンド リボルトは充電池モードで175ルーメンと、かなり明るくなった。その反面、消費電力が大幅に増え、2時間も使えばかなり消費してしまうが、電池残量が感覚でしか分からず電池交換のタイミングが難しかった。その問題を解消するのがこのUSB充電式だ。

 USB充電式は、ケーブルをつなげさえすれば満充電になる手軽さはもちろん、スマートフォンの普及でモバイルバッテリーを持つことが一般化し、電池が少なくなってきてもその場で手軽に充電できるメリットがある。ハンドライトの世界では「USBケーブルを差すのも面倒」と、左のライトのようにマグネット式の台座に付けるだけで充電できるタイプも販売されている。

 ボクの使っているメインの充電式ヘッドランプは、マイルストーンのMS-B1プラスと、写真の「Olight:H2R NOVA」。こちらは最高2300ルーメンのハイパワーだ。しかもこのモデルは台座式充電ができ、ハンドライトとしても使えるところが気に入っている。

 ヘッドランプの新調を考えているのなら、このいつでも満充電で気分が良いUSB充電式を選択肢に加えてみてはいかがだろうか? 少し高価だが、とても明るく、電池管理の面倒から解放されるメリットは大きい。

 ちょっとしたTipsを紹介すると、すぐに忘れてしまう操作方法や、ルーメン数や電池の持ち時間などを油性ペンで書き込んで使うと「もうすぐ下山なのでハイパワーで使っても大丈夫」など、計画を立てて使うことができる。

 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot