line_box_head

【A&F ALL STORIES】家宝となりうる調理器具。創業122年を誇るダッチオーブン「LODGE」の魅力

(2018.01.16)

道具のTOP

icon

A&F ALL STORIES
第5弾はキャンプを豊かに華やかに彩る「LODGE」のダッチオーブンについて

 赤津孝夫会長が最初にダッチオーブンに巡り合ったのは30年以上前。飛行機の格納庫のように大きなアメリカのホームセンターでのことだった。

「ダッチはオランダの、って意味だし、オーブンは内側が箱型で周囲から熱を加えるものって思ってたから、展示してある鉄鍋を見て、どうしてこれがダッチなオーブンなんだ?って思いましたね」

 やがてアメリカの友人たちとキャンプを楽しむうちに、その鍋に何度も出会い、ひとつの鍋が煮る・焼く(ロースト、ベイクともに)・蒸す・燻すなどさまざまなな調理に使えることを知った。

「よく考えてみたら、映画やテレビで見てたカウボーイのキャンプの風景。あの真ん中にあったのがダッチオーブンだったんです」

 西部開拓時代、何もない荒野でカウボーイたちの生活を支え、開拓民たちの調理に欠かせなかったダッチオーブン。

「それはぼくらが憧れてた、アメリカのキャンプの象徴とも言える存在でしたよ」

 こうしてA&Fでは1990年代中頃、鋳鉄製調理用具メーカー「LODGE(ロッジ)」のダッチオーブンを扱い始めた。

フィールドでのインタビュー時にもタープの下では火が焚かれ、ロッジのダッチオーブンが空腹を誘う素晴らしい香りを立ち上らせる。

 じつはA&Fではロッジ以前にもダッチオーブンの販売をしていた。それは軽くて扱いやすいアルミ製だった。

「やっぱり鋳鉄製のダッチオーブンは取り回しが重いんですよ。だったら軽いほうがいいんじゃないかと思ってやりはじめたんです」

 たしかに標準的なダッチオーブンは、それ自体で5kgからの重さがある。当時の製品は購入してもすぐに使えるわけではなく、いったん加熱して油をなじませる必要があった。さらに使い終わったらゴシゴシと洗い上げて、水分を飛ばすために再加熱。サビ止めに、しまう前にはもういちど油を塗らなければいけない。すべてにおいて手がかかる面倒な道具だ。

「それ故に最初はお客さんからも敬遠されました。ぼく自身はその手間が魅力だと思ってたけど、売り物としてはなかなか難しい。だからうちも最初は扱いの簡単なアルミ製を輸入したんですよ。だけどある日、ひとりのお客さんが焚き火で鳥の丸焼きを作ってて、ほっぽって遊びにいったら溶けて穴が空いてたって聞いて、なるほどなって。それはアルミ製品の扱い方としては間違ってるんだけど、使い方としては正解なんです。ダッチオーブンなんて、やわな使い方をする料理器具じゃない。焚き火の中に投げておいて、それでうまい料理ができあがる道具のはずじゃないかって」

 アメリカではダッチオーブンをしてこういうのだそうだ。

『人が料理するのではない、鉄の鍋がおいしくしてくれるのだ』

 ダッチオーブンというのは分厚い鋳鉄でできている。溶けた鉄を砂型に流し込む際、鉄の中には気泡が混じるが、この気泡が蓄熱効果を高め、熱の伝わりをゆっくりにしてくれる。さらに重い蓋がしっかり乗ることで内部の圧力を高め、素材から立ち上った水分は水滴となって蓋と鍋との隙間を適度に塞ぐ。こうしたダッチオーブンならではのメリットは、重い鋳鉄でなければ手にすることができない。

「だからね、鋳鉄製のロッジを扱うことにしたんです。やっぱり受け継がれてきてるものには理由がある」

1 2
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot