line_box_head

HAGLÖFS × 日本の夏山
「ASIAN STYLE」でいく
尾瀬ヶ原と至仏山

(2016.08.09)

ファッションのTOP

icon

All photo by Tomoyuki Okano

北欧生まれのタフな機能と上質なデザインで知られる
アウトドアブランドのホグロフス(HAGLÖFS)。
創業102年の伝統を誇る同ブランドが、満を持してリリースするのが、
日本の山岳気候やわたしたちの体型によりフィットした「ASIAN STYLE」。
ホグロフスのよさを知り尽くしたガイドと、アウトドアウェアに造詣の深い
女性ライターが、いち早く「ASIAN STYLE」に袖を通し、その魅力に迫ります。


上)鳩待峠から尾瀬ヶ原へと続く登山道は森に包まれた下り道。尾瀬は片柳さんのホームグラウンド。その魅力をうかがいながら、尾瀬ヶ原へ。左下)シンプルかつ軽量なデザインに必要な機能がつまったデイパック「ROC HELIOS 25」。早くも人気沸騰の予感漂う、今期の新作。右下)ミズナラの樹上につくられたクマ棚。尾瀬は動物たちの楽園でもある

 どこまでも続く坂道のてっぺんには、はかなさ漂う夏の朝が広がっていた。ひとときの息吹を壊してしまわぬよう、ゆっくりと歩きはじめる。渓筋を下る登山道をゆくと、枝ぶりもみごとな巨木が迎えてくれた。

「ミズナラです。枝先が折れていることが多いのは、ミズナラの実が彼らの大好物だからです」

 ガイドがそう話すと、傍らの女性は足下で盛大に倒されたミズバショウを目に留めた。

「どうやらいるみたいですね」

 冬眠明けの彼らは解毒作用のあるミズバショウの根を食べるという。ガイドが指さす樹上には、枝が敷き詰められた快適そうなベッドがあった。

「あれがいわゆるクマ棚、冬眠前の彼らがドングリを食べた跡です」

 足下の沢を走るイワナたちを眺め、緑の小道を歩んでゆく。山小屋が見えたかと思うと、不意に、圧倒的な広がりが目の前に現れた――。
 日本を代表する山岳リゾートであり、もっとも古い国立公園のひとつである尾瀬。至仏山や燧ヶ岳など2000m級の山々に囲まれた、南北約2.5km、東西約6kmにわたる広大な湿原は、希少種をはじめとした多様な動植物を育む生命のゆりかご。そんな尾瀬にやって来たのは、ガイドの片柳圭介さんとアウトドアライターの山畑理絵さんだ。

1 2 3 4
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot