line_box_head

みんなでクラフトビールを飲んで乾杯! よなよなエールの野外イベント「超宴」が神宮外苑で開催

(2017.09.19)

フェスのTOP

icon

 アメリカを旅する時、スーパーマーケットに並んでいるビールで心が弾んでしまう。とにかくいろんなクラフトビールが並んでいて、そのどれもがラベルも凝っている。今日はどのビールを飲もうか、うれしい悩みだ。日本酒や焼酎を選ぶ感覚に近いかもしれない。

 日本で酒税法が改正され、ビールの1年での最低製造数量基準が2000キロリットルから60キロリットルに引き下げられたのが1994年。以降、数多くのマイクロブルワリーが誕生した。ヤッホーブルーイングはエールビール専門のクラフトビールのブルワリー製造メーカーとして1996年に設立。代表ブランドであるよなよなエールは翌1997年から発売され、今や日本を代表するクラフトビールとして人気を集めている。

 ヤッホーブルーイングが主催するイベントが「超宴(ちょううたげ)」。2015年から軽井沢のキャンプ場で開催されてきたが、この秋、都内に初進出し神宮外苑の軟式グラウンドで開催に初進出する。

「『超宴』は、ファンとスタッフがよなよなエールを通じてクラフトビールの楽しみを分かち合うことを目的としています。元々は小規模に約50~80名が集う『宴』として都内の公式店で開催していましたが、より多くのファンのみなさまと乾杯したい! そしてクラフトビールの美味しさだけではなく楽しさも伝えたい、という想いから『超宴』を開催しています」とヤッホーブルーイングよなよなエール広め隊(広報)の原謙太郎さん。

「超宴」は、ライブありワークショップあり、まさにフェスのようなコンテンツがラインナップされている。発売開始から20年のこの秋、よなよなエールが初めてリニューアルされる。全国発売に先駆けて「超宴」では新しいよなよなエールを味わうこともできる。

「日常から離れ、クラフトビール片手に自分の好きなことを思いっきり楽んでいただきたいです。よなよなエールなどのクラフトビールを通じて、仲間と過ごす非日常を味わっていただける場をご用意しています」

 チケットの発売は9月19日(火)まで。ビールチケットが5枚付いたプレミアムチケットは、発売開始3時間で完売してしまったという。発売中のチケットはビールチケット3枚付きのノーマルチケットやノンアルコールチケットなど。ビールは全部で16種類、およそ5000リットルが用意される予定だ。秋の1日、青空の下でみんなでビールで乾杯しようじゃないか。

よなよなエールの超宴 in 神宮外苑軟式球場

開催日:10月7日(土)
会場:神宮外苑軟式球場
出演:YoLe YoLe、栗コーダー&ビューティフルハミングバード、O’Jizo、miya takehiro

 

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot