line_box_head

サバ缶で暑気払い! 安くて早くて美味い「冷や汁」&「サバサンド」

(2016.08.13)

ごはんのTOP

icon

 猛暑のなかで活動を続けて、体が食事を受け付けないうえ料理も面倒……なんてときに効くのが「鯖缶」を使ったレシピ。

 ほどよい塩気が、失われた血中の塩分を補ってくれるうえ、火を使わないので調理時間は数分。しかも冷たいから、火照った体でも食べやすい。一緒に生野菜を合わせれば、山で不足しがちなビタミンも補給できます。

 登山でもキャンプでも大活躍する鯖缶。ぜひ、夏に活用してほしい食材です!

おすすめレシピその1
冷や汁

材料は鯖缶、みそ、キュウリ、白ごま、大葉、ミョウガ。
刻んだキュウリにみそ、鯖缶、白ごまを加えたら、適量の冷水でのばし、仕上げに薬味をふる。調理時間はものの数分!
おすすめレシピその2
サバサンド

材料はバゲット、鯖パウチ、玉ネギ、トマト、サラダ菜、粒マスタード、マヨネーズ。山で使うなら缶ではなくパウチタイプが軽量で持ち帰るゴミも少ない。持って行くガッツがないときはトマト、サラダ菜、粒マスタードは割愛してもOK! でも玉ネギは絶対に無くしちゃダメだ! これはサバとの約束だ!

 サバサンドはトルコ、冷や汁は宮崎の郷土料理。どちらも手軽に作れて、山はもちろん、街でも美味しく食べられる一品です。

 冷や汁はご飯やそうめんと一緒に食べてもいいし、鯖缶の半分をサバサンド、もう半分と漬け汁を冷や汁にする、なんて使い方もできます。

「今日は料理をする元気がないな」なんてときは、予行演習がてらぜひお家で挑戦してください。一度試せば、次は山でも作ってみたくなるはずです!

 
 
ライター
藤原祥弘

採集系野外活動を中心に執筆とワークショップを展開。著書に『海遊び入門』(小学館・共著)ほか。好きな獲物はカンパチとノコギリガザミ。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot