line_box_head

2月15日まで! 人気イベント「アウトドアカレー対決」の優勝カレーが期間限定で食べられる!

(2016.12.31)

ごはんのTOP

icon

 カレーライスと言えばキャンプ料理の鉄板メニュー。各家庭、各料理好きのオリジナルレシピがありますが、誰かの調理風景をじっくり見学する機会はなかなかありません!

 毎年秋に開催されるエイ出版社の野外アウトドアイベント「フィールアース」では、カレー作りの王座決定戦をライブで見られるという「アウトドアカレー対決」が人気を集めています。
アウトドアカレー対決写真=広瀬友春(エイ出版社)
 今年も5組のアウトドア料理の腕自慢がオンリーワンの秘蔵レシピをひっさげ激突。制限時間2時間という短い時間のなかで作られた個性豊かな5種類のカレーが出そろいました。審査はカレー対決審査委員4名と、一般参加者80名が投票形式でジャッジ!

 そして、激闘を制し、栄えあるキングの座を射止めたのは……!?
 2016年の「キング・オブ・アウトドアカレー」は、東京・水道橋でカフェ「BASE CAMP」を営むA-suke氏に決定!

  A-suke氏はAkimamaでも連載をもっておられる料理人です。ハンター仲間であり、発酵クリエイターの宮原悠氏(写真右)をアシスタントに迎えて対決に臨んだ秘蔵レシピは「鴨ネギ和風カレー」! 鴨の出汁とネギの甘みをきかせた和テイストの変化球カレーに今年は票が集中しました。
 アウトドアカレー対決は下ごしらえが一切禁止されているため、対決中に鴨の丸鶏をばらし、部位ごとに処理を変えるという手の込みよう。1品以上が定められているサイドメニューは「里芋のネギ味噌和え」「ミニ鴨ネギラーメン」「巨峰のみりんコンポートあんこ添え」と3品も用意し、その手早さも評価されました。

「カレーの具材はほぼ鴨とネギだけにこだわりました。鴨一羽を丸ごと使いきるためにガラからスープを取ったり肉団子作ってミニラーメンの具にしたりしました。去年悔しい思いをしたので、優勝できてよかった! リベンジできたぜ!」

 ……いや〜〜ここまで読めばやはり食べたいですよね。

 思わずご本人に確認してみたところ、なんと期間限定でお店で提供するとのこと!

 年明けの営業スタート5日から2月15日までのあいだ、「アウトドアカレー対決2016」で優勝した「鴨ネギ和風カレー」がお店で食べられます。優勝カレーが気になる人はぜひBASE CAMPまで足を運んでみてください。(夜行くなら、メニューにあれば「ブリの薫製」も非常におすすめです)
 また、現在全国のアウトドアショップ等で配本が始まったフリーマガジン「フィールドライフ2016年冬号」には、優勝カレーをはじめとする全5チームのカレーのレシピも掲載中。

 年始キャンプを予定している人は自分で作ってみるのもありかもしれませんね!

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot