line_box_head

【特別企画】知られざるアウトドアの楽園・台湾 20代フェス好き姉妹、世界三大登山鉄道に乗って阿里山へ(其の二)

(2017.02.11)

アウトドアのTOP

icon

 Akimamaファミリーのフェス好き20代の若き姉妹は、玉山の山並みに昇る太陽を感慨深く眺め、12月5日の最初の光を全身に浴びる。阿里山登山のクライマックスを迎えたわけだが、彼女たちの綴った「阿里山ノート」はここでは終わらない。さっそく続きのページを繰ってみることに……。

阿里山編其の一より続く〉

12月5日(2日目/ご来光後
 日の出をこんなにゆったりと見たのは何年ぶりだろう。この感動的な瞬間を、台湾で、しかも青空のもとで見られるなんて、とってもラッキーだった。阿里山の日の出ショーに参加したたくさんの人たちは、行きと同じように赤いで登山電車に乗って帰っていく。下りはブレーキをかけながら降りていくのか、キーキーとうるさかったけど。

 わたしたちは、もちろん歩き。帰り道も沼平駅まで同じルートをたどった。行きは暗くて怖くて、周りの様子がまったくわからなかったけれど、どうやらスギやヒノキの森だったみたい。朝の散策にぴったりの気持ちのいい空気に満たされている。

 祝山観日歩道を下りて線路を渡ったあと、車道をホテルとは逆の方向へ進む。ここから神木駅までは、巨木の森に付けられたトレイルを歩いて行くことができる。しばらくすると、木のトンネルがあった。いよいよ本格的な森の道だ。

 この先に姉妹潭という双子の池があるらしい。そのまま5分くらい歩くと、妹のほうの池が出てきた。が、思ったよりもショボイ。ごくごく、ふつうの池だ。水の中も覗いてみたけれど生き物の気配もなく、ちょっと寂しい場所だった。
この木のトンネルが巨木の森への入り口となるポイント。ここから先は森の中の木道をポクポクと歩く

1 2 3
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot