line_box_head

北米で冒険的な遊びを続ける若者たちの記録。『Beyond』上映ツアーは10月20日東京からスタート!

(2017.10.12)

アウトドアのTOP

icon

 この夏、前中後編の3回にわたりサハリン旅の記事をAkimamaにて公開したことはみなさんもまだ記憶に新しいことと思います。アウトドアライターであるさすらいの旅人ホーボージュンさんと、フォトグラファーの田島継二さんがタッグを組み、約1週間をかけた極東での旅の話がAkimamaに掲載されました。

 じつはこのふたり、サハリン以前にも一度海外取材を共にしています。訪れたのはサハリン以上の僻地であり、多くの冒険家たちを魅了してきた「アラスカ」でした。All Photo & Movie by Keiji Tajima

 夏山取材はサハリンが初めてだったという田島継二さんは、じつはプロスキーヤーやスノーボーダーとともにカナダやアラスカなど過酷な自然のなかを旅し、その映像作品を世に送り出すフィルムプロダクション「Heart Films」を主宰するフィルマー/ディレクター(そちらの方が有名)。

 今年の4月に、田島さんたちのアラスカの撮影現場をホーボージュンさんが訪れ、極北の地で繰り広げられる究極のフリーライディングシーンを取材。先日発売された雑誌『WILDERNESS』(エイ出版社)で14ページにわたってそのルポが公開されました。今回の号の表紙写真も田島さんによるもの。ライダーはカナダBC州を拠点に活動しているプロスキーヤー佐々木悠氏 

 さて、今回みなさんにお伝えしたいのは、「Heart Films」の第12作目となる最新作『Beyond』が10月14日にDVDとダウンロード方式にてリリースされ、さらにその上映ツアーが10月20日の東京を皮切りに全国10カ所を巡るという情報です!

「Heart Films」の作品がおもしろいのは、単なる滑降映像に留まらず、壮大なロードムービーであり、またときに過酷な雪上でのキャンプ生活もちりばめられるなどアウトドア色も強く、スキーやスノーボードをしたことがない人にも200%楽しめる内容となっていること。

「フォードの巨大なピックアップトラックで20フィートのトレーラーを引っ張りながら、
彼らはひと冬に8000km以上を旅する。トレーラーにはフルチューンされたスノーモービルが搭載されていて、
ここぞという山域を見つけるとそこにベースキャンプを張り、
スノーモービルにまたがって氷河の奥地や大山脈へと分け入っていくのである。
『すごいなあ、コイツら』
こんなスケールの大きな、そして冒険的な遊び方をしている若者がいると思うと
僕は愉快だった。日本もまだまだ捨てたもんじゃない」
 と、ホーボージュンさんも『WILDERNESS』の文中で語っています。 上映ツアーでは、作品中で圧巻のライディングを披露するライダーも登壇するなど、リアルな撮影現場の生の声を聞けるかもしれません。

 全10カ所の詳細は最後に明記しますが、直近は10月20日(金)夜に東京で開催される初回。200名以上入れる「深川江戸資料館 小劇場」を会場に、田島さんのほかライダー小西隆文氏、藤田一茂氏、中井孝治氏、そしてカナダより佐々木 悠氏、植木鹿一氏がゲストとして来場予定。さらに、ホーボージュンさんも会場に駆けつけるという情報も入ってきています。

 秋らしい日々となり、いよいよ滑り好きは冬のスイッチ目前というところでしょう。まずは最新作『Beyond』でその気持ちを一段階高めてみてはどうでしょうか。Akimamaスタッフも20日の試写会にお邪魔する予定です。

『Beyond』Trailer

Heart Films - BEYOND (2017) from HEART FILMS on Vimeo.

『Beyond』東京上映会
■開催日時: 2017年10月20日(金)19時開場 / 21時30分終了予定
■料金: ¥1,000
■開催場所: 深川江戸資料館 小劇場(2F)
 東京都江東区白河1-3-28
■最寄り駅:都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」、 A3出口より徒歩3分

『Beyond』Japan Tour
10.20(金)東京 / 江戸資料館 小劇場
10.21(土)大阪 / Mixjuice
10.29(日)東京 / Sunday Cafe
11.04(土)福島 / チャンネルスクエア
11.05(日)栃木 / 黒磯文化会館
11.10(金)大阪 / SPOTAKA
11.11(土)徳島 / アジト
11.12(日)兵庫 / WAKE LIP'S
11.18(土)北海道 / PROVO
11.19(日)神奈川 / 横乗日本映画祭 イオンシネマ茅ヶ崎

各会場詳細は『Heart Films』FBページにて!

 
 

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot