line_box_head

【現地からの声】エベレストBCより

(2015.04.30)

登山のTOP

icon

近藤謙司さんが現地より渾身の想いを込めて送ってくれた雪崩後のエベレストBCの様子。けんけんブログより

近藤謙司さんが現地より渾身の想いを込めて送ってくれた雪崩後のエベレストBCの様子。けんけんブログより

 コロンビア登山学校の最終目的地として、ロブチェピークをめざしていたチームは、現地時間4月22日12時15分ころに無事登頂。今回は、アドベンチャーガイズのエベレスト登頂組との合同登山となっていたので14名(ガイドを除く)のパーティだったが、そのうち、2名はコロンビア登山学校から参加していた。

 登頂を果たしたパーティは、翌23日にはエベレストのベースキャンプへと向かっていた。そして、滞在すること1日半、25日の朝にはエベレスト隊と別れてベースキャンプを出発。復路を歩み始めていた。

 25日の現地時間12時ころ、幾多の報道にあるようにネパールを大地震が襲う。

 下山していたロブチェ隊は復路の途中で、エベレスト隊はベースキャンプにて地震に遭遇した。そして、マグニチュード7.8の地震の影響で、エベレストベースキャンプは壊滅状態に陥ってしまう。

 プモリからの雪崩、そして氷河の崩壊による爆風で、ベースキャンプの各国テントはなぎ倒され、死傷者が多数出ているパーティもある。ただ、アドベンチャーガイズの隊員はみな無事との連絡が入っている。

 現地からの連絡によると、エベレスト隊の隊員がテントでくつろいでいたところに、地震が発生。隊長の近藤謙司さんが全員をテントから出し、大きな岩場に隠れさせたところに、雪崩の爆風が直撃したとのこと。あまりの大きな衝撃で、息を確保するために、口を手で囲いながら耐えるような状況だったという。

 なんとか無事を得た隊員は、各国のチームと協力をしてレスキュー活動に従事。現在は、ロブチェ隊はルクラに下山、エベレスト隊は、本日現在、エベレストのベースキャンプに留まっている。

 これらの情報は、近藤謙司さんのブログ「けんけんブログ」に詳しい。通信状況の悪いなか、近藤さんが現地から生の声をアップしている。
         

 けんけんブログはコチラ。
http://blog.goo.ne.jp/kenken8848

 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot