line_box_head

コロンビア登山学校、来年度のスケジュール発表!! めざすはロブチェとモンブラン———WIN THE SUMMIT ACADEMY

(2015.10.02)

登山のTOP

icon

コロンビア登山学校、来年度のスケジュール発表!! めざすはロブチェとモンブラン———WIN THE SUMMIT ACADEMY
win2

 ロブチェイーストの山頂にて。第2回コロンビア登山学校隊とアドベンチャーガイズのエベレスト・ローツェ公募隊のメンバーたち。奥に見える三角の頂がウエストピーク。隊員たちが着ているピンクのウェアは、コロンビアがサポートしたトーレストマウンテンジャケットの特別カラー

山のスキルを磨けば、山頂はもっと近くなる。

 開校から3年目を迎えるコロンビア登山学校、いよいよ来年のスケジュールが発表に! めざす高峰は、なんと2つ。春にはヒマラヤのロブチェピーク(6,119m)を、夏にはアルプスの最高峰、モンブラン(4,810m)にアタックできるような予定が組まれている。来年は、憧れのピークへの登頂チャンスが2度もめぐってくるというわけ。心の準備はOK? 思い切って、人生を変えるかもしれない山への一歩を踏み込んでみては!?

 というわけで、まずは、春先の目標の山、ロブチェピークとはどんな山なのかをチェックしてみたい。

 コロンビア登山学校2年目の今年、最終目標の山がこのピークだった。そして、登山学校から見事に2名の登頂者を輩出している。登頂者は、なおさんとことりちゃん。どちらも女性メンバーだ。

 それまではあまり山とはなじみのない生活を送っていたふたりだが、コロンビア登山学校の運営母体であるアドベンチャーガイズに出会ったことで、高所登山への第一歩を踏み出すことに。とくになおさんは、登山学校の第1回目から参加。なんと登山学校から唯一、目標のモンブランへの登頂も成功させている。そして2年目の今年は、ヒマラヤの6,000mへの挑戦だった。

標高約5,100mのロブチェのベースキャンプ。ここを拠点に、ピークへの登頂準備として高度順応を繰り返し行なった

 目標としているロブチェピークには、正確にはイースト(6,119m)とウエスト(6,145m)、ふたつのピークがある。ウエストピークのほうが技術的にむずかしく、登頂にはエクスペディションパーミットが必要に。つまり、ここはより玄人向けの山。登山学校でめざすのはイーストピークである。とはいえ、イーストピークがいとも簡単な山というわけではない。雪上登攀がほとんどで、途中には40度程度の斜面とナイフリッジが出てくることも。バランスの取りづらい状況で、基本的なアイゼンおよびピッケルワークが必要となる。また、アッセンダー(登高器)を使う場面も。

 登山学校がめざしているのは、そんな場面でも冷静に対応できるようなステップアップ式での山の技術の習得方法。机上講習会から岩、雪などの実践登山を経て、いよいよ本チャンへと続くステップを、数ヶ月を掛けて一段ずつ登っていく。少しずつ山の技術を学び、経験を重ねて行くことで、夢は現実のものとなる……らしい。
 まさかあの山のピークに自分が立つ、なんてことは数ヶ月前は想像すらできなかった、というのが登頂したふたりの本音である。

 じつは、ロブチェイーストの登山レベルは、むずかしい箇所があるとはいえ、雪山登山の基本技術を習得していれば問題のないレベルでもある。「基本技術の習得」というのが大前提とはなるものの、危険な箇所にはフィックスロープを張り、安全を確保するなどのサポートがなされるためで、これがガイド登山ならではの登り方ともいえる。

 ただ、それでもガイドがサポートしきれないものがある。それは、個々人の体質や体調管理などに起因する、高度による障害だ。ロブチェピークの標高は6,119m。この標高では、いつ高度障害が起きてもおかしくはない。しっかりと高度順応しておかなければ、さまざまな問題に直面することもある。
 
いよいよベースキャンプを離れ、ひとつ上のC1をめざす。とはいえ、その標高差はおよそ500mもある。背景に広がるのは、ヒマラヤ5,000mの荒涼とした大地。酸素が薄い!

1 2 3
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot