line_box_head

今年は紅葉の当たり年!? これからでも見ごろに間に合う絶景の秋山5選

(2015.10.15)

登山のTOP

icon

紅葉

山の紅葉にもいろいろとあって、赤が印象的なモミジやナナカマド、黄色が美しいカラマツやイタヤカエデ、そして黄金色に輝くススキの草紅葉など、さまざまな植物たちが思い思いの色で山を染上げてくれます。関東近郊の山々はこれからが紅葉の見ごろで、11月中旬くらいまで楽しめます。

今年は全国各地、山の紅葉がとても美しいようです。夏の日照時間が少なかったこともあり、今年の山の紅葉はあまりよくないんじゃないかという大方の予想をいい意味で裏切り、紅葉の進み具合は遅いものの、どこもいい感じの紅葉になっているようです。そこで、これからでもまだまだ間に合う、アキママがおすすめする紅葉の秋山を5つほど紹介しましょう。どこも手軽に行ける山なので、ファミリーやビギナーでも大丈夫。ただし、秋山はひとたび天候が悪くなると、降雪や低温に見舞われ、たいへん危険なので、防寒着や雨具などの準備はしっかりとしていってくださいね。

精進湖/パノラマ台

富士山の展望台として絶景を誇るパノラマ台は、晩秋のハイキングコースとしてとても人気がある。落ち葉が積もった登山道をサクサクと踏みしめながら、精進湖から標高を上げていけば、迫力ある富士山が正面に、眼下には青木ヶ原樹海が望めるパノラマ台のピークに出る。

北八ヶ岳/高見石

麦草ヒュッテから丸山に至り、高見石からの展望を楽しみ、眼下に見える白駒池へと下るルートは、比較的コースタイムも短め。白駒池の周りをぐるりと回るだけでも、北八らしい秋の森のハイキングを楽しめる。

1 2
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot