line_box_head

谷口けい 回想山行。事故から1年、遺志を継いだ冒険基金が創設。 

(2016.12.22)

登山のTOP

icon

 世界の山々を飛び回り、日本のアルパインクライミングを牽引してきた谷口けいさんが亡くなってちょうど一年が経つ。未登攀ルートなど数々の挑戦をし、登山界のアカデミー賞と称されるピオレドール賞を受賞するなど、世界的な女性登山家としてさらなる活躍が期待されていた矢先のことだった。クライマーとしての実力はもちろんだが、なによりもその人柄に誰もが魅了されていたと思う。

2015年12月、北海道での登山中にけいさんは帰らぬ人となってしまった。いまでも現実のこととは思えず、ともに過ごした楽しかった日々を思い出す。

 もう6年前のことになるが、一緒に行った縦走4日間を思い出してみたい。わたしにとっては(きっと、けいさんにとっても)、とても思い出深い山行だ。ただ、決してオススメしないルートである。

プロローグ
 2010年10月。この年の夏はとても暑かった。「観測史上」の言葉がおどり、秋になっても夏のような日々が続いていた。けいさんから連絡があったのは、そんなときだったと思う。白毛門から巻機山へ抜ける縦走の誘いだった。予定は10月中旬、行程は前泊を入れて4日ほど。巻機山・白毛門のルートは残雪期というイメージだったが、雪の無い秋に行くという。わたしはたいして地図も見ずに、二つ返事で行くことを決めた。いま思えばこのルートの大変さを知らないままに、行って良かったとつくづく思う。なぜなら、道は無く、エスケープルートはなく、クマとシャクナゲのパラダイスだったから…。

前夜(10月19日)
 終電間際の電車に乗って上越線土合駅を目指す。電車に揺られながら、“なにか”忘れている気がしていた。その「なんか忘れたかも感」は、いつものことなのだが、しばらくしてわたしは山行計画書と熊鈴を忘れたことに気がつく。慌ててみなかみに住んでいる友人に、熊鈴を貸して欲しいとメールで伝え、なんとかクリア。「山行計画書はどうするか…」車内で落ち合ったけいさんにそのことを言うと、「みなかみに着いたらコピーしよう」と、手前の水上駅で下車して近くのコンビニでに行くことになった。駅でタクシーを拾いコンビニへ。いい加減にするするつもりはないものの「けいさん、真面目だなぁ」などと、自分のしくじりを棚に上げて内心思っていた。ついでに友人宅にも寄り熊鈴をピックアップ、準備万端ようやく土合駅に着。この日は平日、土合駅に泊まる人なんて、いまどきはいないだろうと話していたら、先客がいた。静かに寝床を作り、この日は就寝。

1日目(10月20日)
 外が白々するのを待っていよいよ出発。ザックはずっしりと重い。わたしはカメラ機材を持っていたため、食糧はすべてけいさんが持ってくれていたが、水がどこで取れるか分からないので、ひとり当たり6リットルぐらいを持った。白毛門は急登で知られる。ゆっくりゆっくり高度を上げていく。

 1時間ほど歩いたところで一本とる。一緒に山に行くのもそうだが、会うことも久しぶりだったので、お互いの近況やら他愛もないおしゃべりが続く。「わ、でかい!」けいさんはゲンコツ大のおにぎりを頬ばっていた。ちょうど見ごろだった紅葉がつらさをしばし忘れさせてくれたが、まわりは霧で真っ白だ。白毛門山頂を過ぎると、小雨のようになり、風も出てきてだんだん寒くなってきた。笠ヶ岳の山頂で本格的にレインウェアを着込み、避難小屋でしばし休憩。そこから1時間弱で、朝日岳に着いた。

 朝日岳付近には地塘があると、地図には記されていたが、視界が悪くなかなか見つけられない。「ないですねぇ…」辺りを見回しながら歩いていると、少し霧が晴れ、地塘が姿を現した。「あったよ!」空のボトルに上澄みをすくうように補給する。色はなんとなくのキャラメルカラー。この先も期待できる水場は、地塘だけだ。

 ジャンクションピーク着。快適な登山道ともここでお別れ。道標には、「難路・道ナシ」とある。熊鈴を付け直し、行動食をたっぷり摂取し、未知なるゾーンへ踏み込んだ。すると、間もなく笹ヤブが出現。ツメで引っ掻いたような頼りない道がうっすら、ときどき顔を出す。相変わらず周囲に霧は立ちこめていたが、波のように重なる稜線の眺めが美しく、気分はいい。

時刻はすでに午後3時半を回っていた。寝床の場所を考えつつ、さらに進んでいく。「ここらへんにしようか」と、けいさん。大烏帽子山手前のコルは、テン場には持ってこいの場所だった。笹がフカフカしていたので、寝心地も良さそう。テントを建て、さっそく夕飯の準備に取りかかる。夕飯は、野菜たっぷりのきのこうどん。

 けいさんが愛用するコッフェルは、いつも四角い(印象があった)。その理由を尋ねると、「角があったほうがスープとか注ぎやすいから」と。あ〜なるほど〜と、妙に納得。テントに入り、地図を眺める。明日はさらなる悪路が期待?できそうだった。寝袋に包まり20時には就寝した。

1 2 3 4
 
 
ライター
A kimama編集部
line_box_foot