line_box_head

【特別企画】知られざるアウトドアの楽園・台湾 第二の高峰「雪山」に登ってきました<申請準備編>

(2017.01.06)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山のTOP

icon

 現在の日本のアウトドアカルチャーは、世界でも独自のカルチャーとして進化しています。もはやアニメやコミックと並ぶ「クール・ジャパン」と言ってもいいでしょう。テクノロージーを結集した最新のULギアをはじめ、フェスに代表されるアウトドアファッションや、スタイリングされた魅せるキャンプサイトなどは、新しいアウトドアのカタチとして世界からも注目されています。また、フィールドを見ても春夏秋冬、山から海、フェスからバックカントリーと亜高山帯から亜熱帯まで、縦横硬軟取り混ぜて、これほどまでに多様性に満ちたアウトドアが楽しめる国はほかにはありません。
 ところが、そんなアウトドアカルチャーの最先端にいる私たちは、気づいてしまったのです。こんな近くにアウトドアの楽園があったことを!
日本でもおなじみのブランドショップは台湾でも数多く見受けられます。台北の渋谷・原宿と言われる西門にもやはりノースがありました
●今注目される台湾のアウトドア 
 アキママでは今「台湾ブーム」が来ています。なぜなのかを説明し始めるとキリがないのですが、はっきり言って台湾には、未開のアウトドアフィールドが無限に広がっていると言っても過言ではありません。
 日本からこんなに近くて、1年を通して温暖な台湾は、登山やキャンプをはじめ、海ではシュノーケリングやカヤックにサーフィン、そのほかにもマウンテンバイクにクライミング、沢登りと日本にはないスケール感を持ったフィールドで、アウトドアスポーツがいつでも楽しめるアウトドアの楽園なのです。
 また、最近では台湾でも日本のアウトドアカルチャーにインスパイアされ、音楽フェスやキャンプイベントなども開催されるようになり、日本のフェスに出演しているアーティストや飲食出店者などが、日本のオフシーズンでもある冬にこぞって台湾にやってきているのです。
今回、私たちの留守人役を引き受けてくれた台湾と日本ののフェスティバルカルチャーの橋渡し役でもあるショップ「サイババエスニーク」。オーナーの土井さんは長野修平さんやグラビティフリーなどを招き、野外イベントを主催するなど精力的に活動している
 そこで私たちアキママ編集部でも、一昨年より台湾に通いはじめ、手始めにまずは山登りをしてみようということになりました。台湾にはなんと3000m峰が144座もあり、富士山より高い山もある登山大国です。(詳しくは、ホーボージュンさんの連載「ASIAN HOBO BACKPACKING」台湾編を!)そうして今回は、集中登山ということで、台湾の山に3隊の登山チームを送り込みました。
 ひとつは、台湾の中で2番目に高い雪山主峰(3886m)を山小屋泊まりでめざすチーム。もうひとつは、台湾にある3000m峰のなかでも、その美しさから帝王之山とも呼ばれ、人気の高い南湖大山(3740m)をテント泊でめざすチーム。そしてもう1チームは、森林鉄道に乗ってお茶で有名な阿里山からミニハイキングで玉山から昇るご来光を拝むというお手軽トレッキングチームです。 
台北市内、駅近くにある清朝時代の台北府城の北門をくぐり、いよいよ出発
 しかし、日本の山と違ってメンドくさいのが、台湾の山に登るためには許可がいるということです。これはオーバーユースから原生自然を守るという自然保護の観点からも、安全登山という点からもとても優れたシステムです。ハイキング程度の低山ならば許可は必要ありませんが、国家公園内にある3000m峰を登るためには、台湾の国家公園管理處のホームページから入園許可を申請しなくてはなりません。ネットを検索してみると、許可申請に関してのベーシックな手続きの手順は、いくらでも出ています。また、「ASIAN HOBO BACKPACKING」の台湾編でも、ホーボージュンさんがこれ以上ないくらいに懇切丁寧に解説しています。しかし、私たちもよく読んでいたつもりでしたが、実際にやってみると、ネットには書かかれていないことがたくさんあったのです。

1 2 3
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アキママをフォローする

SNSで最新のNEWSをお届けします

  • Twitterをフォローする
ライター
Akimama
line_box_foot