line_box_head

あこがれの夜行寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗って〈えひめさんさん物語〉に行ってきました。

(2019.08.02)

カルチャーのTOP

icon

現在、移動手段としての寝台列車の需要は減ったものの、純粋に旅の行程を楽しむため、列車旅そのものを楽しむための特別列車や臨時列車が運行されている。そんななか、定期運行されるサンライズ瀬戸の存在は、貴重で人気も高い。

ねぇ、ねぇ、早く飲もうよ! パーティしようよ!

ちょっと待ってよ、今、車内を探検してきたんだから。

列車内には誰でも使えるラウンジコーナーもあり、車窓の風景を眺めながらここでくつろぐこともできる。みんな静かに寝ているので、ここで騒いだりしないように

ラウンジもあるんだよー! 朝早く起きて、コーヒーでも飲みながら、サンライズ見ようよ。日の出は何時くらいなのかな

岡山に着く前、ちょう神戸をすぎたぐらいかな?

季節によっても違うが、サンライズと言う名が示すように、ちょうど、四国にわたるころに、輝く瀬戸内海と朝日を車窓から望むことができる。予約時に部屋が海側か山側か確認するといいだろう。

えーっ、外はくもってるよ〜、雨だよ〜、サンライズどこー

海が見えてるじゃん! もうすぐ岡山だからなんか買ってこようよ!

そんな時間あるの? 間違ってあんただけ出雲に行かないようにしなさいよ

岡山駅で、出雲と瀬戸に分離されるが、あまり時間がないので乗り遅れないように。

ヤバかったわー、マジあせった。時間なくて何も買えなかった。なんかお腹すいた〜!!

高松に着いたら、朝うどんでも食べようよ!

瀬戸大橋を渡って、いよいよ四国へ。

高松に着いたよ。寝台最高! チョー快適! 楽しかったね! 

なんか、あっという間だったね。もっと乗って、ゴロゴロしたいー、

さすがうどん県だね。早く食べようよ!

次の電車まで時間あるから大丈夫よ! え〜、どれににするー! 

ここは、かつて宇野駅〜高松駅を繋いでいた連絡船のデッキで販売していたうどんが食べられるんだって!

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot