line_box_head

【ベストバイ】アウトドア料理人・小雀陣二が絶賛するクッカーとは!?

(2016.01.22)

道具のTOP

icon

01

“チュンチュン”の愛称で知られる小雀氏は、自身のアウトドアスキルを活かして、雑誌やラジオ、テレビなど多くのメディアで活躍中。なかでもダッチオーブンや焚き火料理、BBQなど、得意な料理の腕前を活かしたオリジナルレシピにファンも多く、料理関連の著書も多数。現在は神奈川県・三崎にオープンした喫茶店「雀家」のオーナーも務める

PATAGONIA/MEN'S MERINO AIR HOODY

特殊な編み機で丸ごと編み上げたメリノウールとポリエステル混紡のニット状ベースレイヤー。見た目や広げた時は「どうなんだろう?」と懐疑的だった印象が、着用し使ってみたらそのイメージはガラリと変わった。とくにベースレイヤーはウールを好む自分としては大ヒット! 長期ツアーでは活動時も就寝時も着用し続けていても気にならない。寒がりな自分はフードつきで首周りも覆ってくれるフーディがいい。でもクルーネックも欲しい。

HARMONY/MESH GEAR BAG

94リットルある大型のメッシュバッグ。カヤック時のキャンプギアをドライバッグに入れたまま、まとめて持ち運ぶのに重宝する。もちろんオートキャンプなどで寝袋やマットなどをまとめて持ち運ぶのにも役に立つ。耐海水も考慮。番手の大きなビスロンジッパーが使われていて、これが開け閉めしやすく滑らかで使いやすい。

HYDROFLASK 21OZ

福岡の糸島でカヤック屋をやっている友人から勧められて買うか悩み、ほかでブーツを新調したからその時は買わなかった真空断熱2重ボトル「ハイドロフラスコ」。ハワイで爆発的な人気があったらしい。日本のアウトドアショップには並んでいないボトルだが、本国アメリカではクリーンカンティーンやナルゲンと並んで販売されていた。そんなボトルをスリフトショップで発見! 日本では福岡県糸島市の「サザンワークス」で購入可能。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot