line_box_head

『EDC』の顔、フラッシュライト(懐中電灯)の最新トレンドとお気に入りの4つ

(2016.03.22)

道具のTOP

icon


NITECORE社のチューブは、ポリカーボネート製で軽く、この大きさでUSB充電可能だ。もっとコンパクトだったら鍵に付けたい

 フラッシュライトを使っていて、もっとも面倒なのが、電池の管理だ! エネループなどの充電式を使っているが、それでも電池を出して充電してまた戻すのが面倒。最近は、本体のUSB端子で直接充電できるものや、専用の台に置くだけで充電するタイプまで登場している。上のグリーンのキーライトは親指大の大きさでUSB充電ができる。暇な時にケーブルに繋ぐだけでいつでも最大光量45ルーメンで使うことができるのは嬉しい。


主に使用する電池で大きさが変わる。コンパクトだとランタイムが短くなるので使用目的に合わせて使用する。最近は特殊電池とリフレクターを工夫しとてもコンパクトなモデルも多い

 ライトの大きさは、ほぼバッテリー。最近は省エネで小型化が進み、定番の単三×2本のマグライト(14ルーメン)がとても大きく見える。隣の真鍮ライトは、単四×1本でも最高180ルーメンと恐ろしく明るい。黒いライトは、入手しやすい単三×1本使用でバランスの良いライト。最近増えてきたのが、特殊な大容量の電池を使ったモデル。一番左のライトは、CR123A電池を使い、とてもコンパクトだが、最高500ルーメンとパワフルなライトだ。


前方ボタンタイプは、普通に握った状態で片手操作ができる。奥のオレンジはテールボタンで、操作するためには上段の構えを取る必要がある

 電球からLEDに変わり、明るさの調整が自由になった反面、操作が複雑になってしまった。マグライトなどのヘッドをひねってON-OFFするタイプは、ねじ込む量で、明るさまで調整できるようになっていたり、テールボタンで操作するタイプは、ボタンを2個装備したりと各社工夫している途中だ。タッチパネルで操作するライトまである。個人的には、持ち替えなくても済む、黒いライトのような前方ボタン形が好みだ。


LEDの進化で、通常使用できるほど明るくなったのが、このタブ型キーライト。キャンプ場内の夜の移動くらいなら平気でこなす。電池容量が少ないため、USB充電は魅力的だ

 都市部に住んでいると、どこも明るくてフラッシュライトの出番がない。都市部での日常使いに便利なのが、ちょっとした事に使えるタブ形キーライトだ。一番左は100円ショップのライトで、明るさの性能は、はっきり言うと、数千円のライトとあまり変わらない。安っぽいデザインでも満足か、満足しないかの問題だ。付加価値として、まだ日本には入ってきていないが、チタンや真鍮ボディでUSB充電可能なモデルなどが、海外では出始めている。


どれもデザインが良く、その大きさから想像できないほど明るいモデルだ。本文では触れていないが、ワルサーNL10は小指の先ほどしかない超小型のライトで15ルーメン

 現在使用中のライトはこの4つ。左から紹介すると、財布の中に入れているUSB充電のタブ形ライト。鍵に取り付けているのが、とても小さく作りが良いワルサーNL10。これはボタン電池式で少々面倒だが、この小ささは魅力的だ。美しい真鍮ライトは、Olight i3S-CU EOS。そして右端は、500ルーメンの銅製Olight S1 Baton。この2つは、できるだけ持ち歩き、暇があれば磨きを掛け、自分色に育て上げている最中だ。

 上の4つさえあれば、もうライトは要らないはずだ。いや、また魅力的なモデルが出てくるんだろうな……きっと。

1 2
 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot