• 道具

見た目は地味、味も地味。なのですが…!「ものぐさ男の山ごはん65」は冷たい沢水で締めたくなる夏のサッパリそば

2021.07.08 Thu

A-suke

A-suke BASE CAMP 店長

みなさん、こんにちは。「BASE CAMP」のA-sukeです。
ソロでの軽いハイクだと朝イチ電車に乗る前にコンビニで昼ごはん買う人も多いと思うんだけど、温かい食事を山で食べたくない?ってことで「コンビニ食材を利用した山ごはんレシピを紹介していこう」というのがこの連載。

 梅雨ど真ん中ですね。東京は毎日のように雨ですね。

 雨のなか家で道具の手入ればかりしている人も、フィールドに出かける人いると思いますが過ごしやすい季節じゃないですね。しかしそんな時期にもサッパリと食べる気になるレシピをご紹介します。

 今回作るのは「梅しそトロロそば」。

 で、使う食材はコチラ。
 まずは袋麺。今回はサッポロ一番塩らーめんを使いましたが……正直何でもいいです。今回スープは使いません。

 それと今回のキーアイテム「ノンオイルドレッシング青じそ」。

 それから「味付きとろろ」と「種抜きカリカリ梅」。種抜きカリカリ梅はお菓子のコーナーなどにある商品です。

 まずは鍋(フライパンですが)に水を張ります。このとき水の分量にを通常の1/3〜半分程度で麺を茹でます。前回の油そばと同じ要領ですね。鍋のサイズは乾麺が入るギリギリの方がイイですよ。なぜって麺が浸かるエリアが多いから。
 沸騰させたら麺を入れます。
 少し茹でて軽く柔らかくなったら麺を返します。ほぐしながら茹でましょう。
 ほぐれて茹で上がったら火を止めてキーアイテムのドレッシングを入れます。よくかき混ぜましょう。
 そうしたらここからは順番に上に載せるだけです。まずはとろろを全部かけてしまいましょう。
 さらにカリカリ梅を載せます。少し刻んだ方が食べやすくなってオススメです。写真の状態は1/4程度に刻んでます。

 このまま食べてもいいんですが……。
 せっかくですからサッポロ一番塩らーめんに入っているゴマはトッピングとして使いましょう。
 これで完成です。見た目は地味です……。

 そして味も地味です(笑)。

 はっきり言ってラーメンの濃い味はありません。

 それでも、薄まっているもののドレッシングの酸味が心地よく、とろろにも味がついています。そしてなによりカリカリ梅がとてもいい仕事をしています。食感のアクセントだけでなく、しょっぱい味もちょうどよくけだるい時期にも食が進みます。

 これはラーメンではなく、そばとかそうめんとかうどんのようなおいしさ。ゴマも美味しいですが、なきゃないでいいかも(笑)。

 ホントは冷やして食べたらおいしいだろうなぁ(笑)。山じゃ冷やせないもんな。冷やすならご自宅でお試しください。

 では来月もお楽しみに!
(文・写真=BASE CAMP A-suke)


▼【ものぐさ男の山ごはん】すべての記事はコチラ▼

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント