line_box_head

ネイチャークラフト作家・長野修平さんが愛用するジャングルモックの魅力とは?

(2016.04.15)

ファッションのTOP

icon

長野さんのお話にもあったように、ジャングルモックは気軽に履けて心地よい。それはなぜかと調べてみたら、ちゃんと理由がありました。

 

だから快適! ジャングルモック、5つのポイント

1. 靴ひものないスリッポンタイプだから脱ぎ履きが簡単
 甲の両側にスリットを入れて、ストレッチ素材をレイアウト。脱ぎ履きが簡単で、履いてしまえばしっかりと足になじむ。この手軽さこそ、ジャングルモック最大の特徴です。
するっと履ける手軽さに加えて、かかと部分には指を引っかけられるループを設けました。ちょっと支えるだけでスッと足が入る。小さな工夫が、素足でも滑りのいい履き心地をかなえます

 

2. 足になじむピッグスキンアッパー
 アッパーには革なじみがよく、使い込むほどに風合いが増すピッグスキンを使用。革なので、藪の小枝や岩のひっかきからも足を守ってくれます。
カラフルなスウェードレザーを使っているのは、日本限定カラーのジャングルモック。左から、ブリック、フレンチネイビー、レッドブリックの3色。サイズ展開、価格などはスタンダードなジャングルモックと同じです

 

3. しっかり足を支えるアウトソール
 デザイン上の大きな特徴となっているアウトソールは、サイドまで回り込んで足を支える安定性重視の設計。泥ヌケが良く、悪路に強い独自のソールパターンを採用した「M SELECT GRIP アウトソール」を採りいれています。加えて、足のアーチをしっかりサポートするナイロンシャンクと、かかと部分にはMERRELL エアークッションを搭載。衝撃吸収力もなかなかのものです。

  • アウトドアでの確実なグリップ感とスムースな歩き心地を目指して、ラグの深さは3mmに設定

  • ジャングルモックの大きなデザインアクセントになっているアウトソール。土踏まずのサイドにまで回りこませることで、歩きやすさと足の保護力アップに貢献しています

 

4. 快適さに直結するフットベッド
 まるで高級ソファーのような感触です。足を入れた瞬間「気持ちいい!」と感じるのは、適度な柔らかさを持ったフットベッドのおかげ。オーソライトの働きによって、長期間使用の不快感も低減しました。

徹底してこだわったのは、このフッドベッドのセッティング。なにしろ「ベッド」と名付けているくらいですから。固すぎず、柔らかすぎず。身体が直接触れている部分だからおろそかにはできないとして、じっくり時間をかけました。その甲斐あってジャングルモックは発売から18年経ってもなお、世界中で愛されています

 

5. 走れる、歩ける、適度なフィット感
 簡単に脱ぎ履きできるのに、走っても違和感のない抜群のフィット感。ライトなハイキングならジャングルモックで、という人がいるのも納得です。リラックスと必要なフィット感をバランスさせました。実はこの点こそ、ジャングルモックが愛される最大のポイントなんです。

 

 こんなジャングルモックだから、快適なのも納得! さらに詳しい情報は、MERRELLのホームページまでどうぞ。

■ジャングルモック
サイズ:男性用 25cm〜28cm(5mm刻み)、29cm、30cm
女性用 22.5cm〜25cm(5mm刻み)
カラー:ガンスモーク、ピューター、トープ、ミッドナイト、ブリック、フレンチネイビー
価格:11,880円(税込)

MERRELL公式サイト
http://www.merrell.jp

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot