line_box_head

2016年のキーワードは「街フェス」。茨城県結城の「結いのおと」オーガナイザーにインタビュー。

(2016.03.06)

フェスのTOP

icon

画像

茨城県結城市で3月20日に開催される「結いのおと」は今年で3回目の開催。年を重ねるごとに注目度も増している。

画像02

結城市には、ライブハウスのような会場がない。だからこそ、この街の特徴的な場所を使う。それがこの街フェスとしての個性となっている。

画像03

ライブ会場は4カ所。自分のタイムテーブルを作って、それぞれの会場を巡るのはまさにフェス。入場無料のフード&マーケットエリアも設けられる。

画像04

曽我部恵一、七尾旅人、boobosなど、ビッグフェスに出演するアーティストもラインナップされている。

—— 過去2回と比べ、どんな部分が進化していると思っていますか。
回を重ねるごとに音楽業界からも僕たちの活動が少しずつ浸透していって出演者の数も増えてきています。またSNSなどを通じて全国から多くの人に来ていただける様になりました。特に今回は会場の収容キャパも増やすベく、屋外(一部の会場のみ)で開催します。街のど真ん中で屋外でのライブイベントは近隣の住民方の理解がないとできません。こういった地域の方の協力や理解が広がってきた事も大きな進化だと思っています。また今回はボランティアスタッフの応募の数が急激に増えたところからも、イベント自体の注目度が高くなっていることを感じています。

—— 地域と密接に関わったフェスが、地域の新しいエネルギー源になればいいなと思っています。どんな結城市にしていきたいと考えていますか。
僕たちも思っています。こういった活動を続けることで街の新陳代謝を図るいい意味での起爆剤になって…定住化促進や新規出店者など新しい街をつくるきっかけになれればと思います。結城市は元々モノづくりの街です。こういったクリエイティブな活動を続けることで同じ価値観を持つ仲間が街に増えていったら最高です。

結いのおと

開催日時:3月20日(日)10時〜21時

会場:つむぎの館陳列館、奥順新座敷、Café La Famille(カフェ ラ ファミーユ)、御料理屋kokyu.、他
出演:空気公団、ビューティフルハミングバード、bonobos、七尾旅人、曽我部恵一、他

1 2 3
 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot