line_box_head

今そこにある、ニラ。 「野良ニラ」を収穫せよ!

(2014.09.23)

ごはんのTOP

icon

野生化ニラ

多摩川の土手で見つけた群落。ざっと餃子1万個ぶん(適当)。経験上、野良ニラは郊外の開けた土手や河川敷に多い

野良ニラ

家の近所の公園の植え込みにも、ニラ! 何食わぬ顔をして、野良ニラは私たちの日常に潜む

韮

選別しながら摘んでも、ものの数分でひと握りを収穫。秋のニラは水気が抜けて乾き気味ですが、摘んでから2ヶ月ほどあけると同じ株から伸びた柔らかいニラが収穫できます

ニラの花

ニラの花(左)と実をつけた穂。これくらい実が育っていれば、外皮が青くても大丈夫。紙袋に入れて乾かせば種がとれます

ザ餃子

というわけで、我が家ではとうぶん野良ニラ餃子が続きそうです。ニラとはまったく関係ありませんが、みじん切りにした野菜は水を絞らず、砕いた乾燥シイタケを混ぜ込むと、シイタケが水を吸い込みジューシーさが保たれ、しかもシイタケの旨味も追加されます。おすすめ!

 芽吹いたばかりのケヤキ、満開のサクラ、黄葉したイチョウ……。普段はほかの植物に紛れていても、そのタイミングが訪れた途端に植物たちはハッとするような光を放ちます。

 誰もが「この町に、こんなにもサクラ(あるいはケヤキ、イチョウ)があったのか!」と驚いたことがあるのではないでしょうか。

 そしていま、全国の草むらで輝きを放ち、我が世の秋を謳歌している植物があることにみなさんは気づいていたでしょうか? 

 その植物とはレバー、卵との相性が抜群で、餃子には欠かせないあの食材。

 そうです。ニラです。いま、輝いているんです。ニラが!

 中国原産とも、元々日本に自生していたともいわれるニラ。古い時代から栽培され続け、日本の気候にもよく合っているニラは、野生化したものが道端や河川敷の土手によく繁茂しています。

 しかし、普段はあのとおりの自己主張が控えめな姿なので、踏みしだかれてにおいでも発しなければ、なかなかそこにニラが生えているとは気づきづらい植物でもあります。

 そんなニラが、1年のうち一度だけ、他の野草よりも目立つのがこの季節。晩夏から初秋にかけて開花するニラの花が、あちこちで満開になっています。小さな白い星を集めたような球状の花が、ほかに咲くものの少ない秋の野原のなかで、ひときわ明るい群落をつくっています。

 花を見つけ、葉を揉んでニラと確認できたらしめたもの。晩ご飯に必要な分はものの5分で集められてしまいます。根株さえ残っていれば、すぐに新しい葉を出すので、葉を摘むときは根元から数センチ上で摘むようにしましょう。

 花のついている穂は硬いので食べられませんが、すでに花から実になっている株を選んで摘めば、葉とともに種つきの穂の収穫もできてしまいます。こちらの種は、庭先に蒔いておけば、1〜2年後には収穫できる大きさにまで育ちます。

 収穫時、注意したいのがニラとそのほかの毒草を間違える食中毒。

 スイセン、スズランなどは野良のニラと間違いやすく、また、同所的に生えていることもあるので、同定に自信が無い人は、一株ずつにおいを確かめながら収穫することをおすすめします。そしてもちろん、ニラを摘むときは人様の庭や土地から採集することがないようご注意を。

 花が咲いているうちに見つけておけば、専用のニラ畑を手に入れたようなもの。旬のある山野草と違って、真冬以外1年中食べられることもニラの魅力です。

 野良ニラがあなたに向かって「私、ここにいるのよ!」とサインを発してくれるのはあとひと月ほど。お出かけの際は、ニラセンサーを全開にしておくことをおすすめします。

(文=藤原祥弘)

 
 
ライター
藤原祥弘

野生食材の採集と活用、生活技術につながる野外活動などを中心に執筆とワークショップを展開。twitterアカウントは@_fomalhaut

line_box_foot