line_box_head

岩田京子、8848mエベレストへ——本当の自分に会いにゆく

(2019.05.03)

登山のTOP

icon

 マナスル登頂から1年半後の2019年春、彼女はエベレストを目指している。
 彼女らしいと思うのは、エベレスト登頂後、標高7900mのキャンプ4まで下り、そこから世界第4位の高峰であるローツェ(8516m)に登り返してから下山する、という計画を立てていること。4年で3度の遠征にかかった費用は、考えたくないぐらいの額だと笑う。アルバイトの地中海料理屋で仕事を終え、そのまま山まで車を走らせ、車内で仮眠をとり山頂へ。下山後、間に合えばふたたびアルバイト、そしてまた山へ……。普段から節約し、少しでも体を動かすため、ザックに食料と飲み物を詰め、できる距離ならば歩いて移動する。ここ数年は体力の衰えを感じることもあり、仕事とプライベートを合わせ、山を歩かない日は週に一度あるかないか――。
「おかげで体調はよいのですが、費用がまだ足りないので、今回もガイドしてくれる友人へ支払う一部は、帰国してから送金するんです」
 だからエベレストで死ぬわけにはいきません、とにっこり。そして、今回の山行は、わくわくする気持ちが大きいという。2016年の3座連続のときは、彼女の撮った写真でポストカードを作るなど、友人たちが惜しみなく協力してくれた。そうした援助は喉から手が出るほど欲しいもので、非常にありがたかったが、期待にこたえようと自らに強いプレッシャーをかけてしまった。2017年のマナスルは、シシャパンマの失敗を取り返すべく、過剰に意気ごみすぎた。今回のエベレストの道中は、ツアー仕事で何度も通い、顔なじみのロッジがあり、懇意にするガイドやおばあちゃんや子どもたちが暮らす、慣れ知ったもうひとつの故郷のような土地。ネパールの山々は人々が温かく、どこか東北の山々の雰囲気を思わせる、大きな里山のようだと話してくれる。
「あるとき、高度順応中のハイキングで、雨が降ったんです。すると、そこにいたお母さんが、牛を放牧する人たちのお休み小屋へと招いてくれ、できたてのヨーグルトをお椀いっぱいに食べさせてくれたんです。雨を眺めながらそれを一緒に食べ、のんびりとお話を……」
 彼女の「長く山にいられる遠征登山」には、こんな情景が含まれている。
「本当のことを言うと、3座連続の頃は、山に登ることで有名になりたい部分もあったんです」
 そうした考えとは無縁だと思っていた。真意をはかりかねていると、視線をそらす。
「理由があって、会えなくなった人がいるんです。ブログを書いているのも、大きな山に登るのも、当初は、わたしは元気にしているよと伝えたい部分があったんですね」
 そうして、ようやく相手の消息を掴み、ブログを読んでもらい、こちらの状況を把握してもらっていることを知り得た。
「そういうこともあって、エベレストでは、ようやく自分の山にゆったりと向き合える気がするんです」
 自身の存在を届けたくてヒマラヤに登る。思いが叶ったいま、なぜふたたび山を目指すのだろうか。
「6000mを超えると、いっぱいいっぱいになって、すごく我が出てくるんです。人のことを思いやったり、よく見せようなんて考えられない。シェルパの前でトイレはするし、ラーメンを出されても、これを食べなきゃ死んでしまうとばかり、とにかくひとりでかきこむんです」
 理性が押さえこんだ野獣が解き放たれるとするならば、それを目の当たりにするのは恐くないのだろうか。そうたずねると、食い気味くらいの勢いで、逆ですよ!
「生き物としての欲求がシンプルに表れるというか、わたしが思っている自分ではない人格がある。そんな自分の素の姿を、ある意味、冷静に見ることができるんです。高所に行くほどに、素直な自分になっていくんじゃないかな」
 やっぱり強いと思う。
 師匠の近藤謙司さんは、8000mの世界を「生まれたその日から今日まで、人生のすべてをかけて築いてきた、人間として、生物としての総合力、生命力が試される場」と表現する。誤解を恐れずに言うと、8000m峰を登ることへの体力的な問題は、超人でなくともクリアできるのかもしれない。ただ、それ以上に重要なのは、精神をえぐるような試練に耐えうるか、なのだろう。極限状態に晒され現れた剥き出しの自身を直視し、克服する覚悟があるのか。そうして、それらを乗り越えて立つエベレストの頂には、なにがあるのだろうか。
「そこは、登ってみたいという好奇心だけです」
 8000mの山頂に立てたとしても、体力、筋力、高度順応による心肺的な強さなどは下山後、たちどころに霧散するという。それどころか、脳細胞がやられるのか、言葉が出てこないこともしばしば。
「得られるものは、経験でしかないんです。ここまではがんばれる、冷静でいられるということを知り、人としてちょっとは強くなれたかなという自負、それだけですね」
 そのすばらしさは行った人にしか分からないのだろうねと言うと、登っても分からないよと大笑い――。
 そんな岩田さんの言葉を聞きながら思うのは、「共感」という言葉の難しさだ。
 山頂で味わう血液が沸騰するような達成感、望んだ結果が得られないときの胸の張り裂けるような痛み、そして、他者の登山に心が震える情動も、誰のものでもない個人の感情だ。目の前で転び、血を流して泣き叫ぶ我が子の痛みひとつ肩代わりすることができないように、わたしたちは徹底的な個であることを前提に、だからこそ、心を同じくする誰かに気持ちを寄せたいと願っている。度重なる病や別れを乗り越えてたどり着いた8848mからは、はたしてどんな景色が見えるのだろうか。
小さな山をつないで北鎌倉から鎌倉、そして海沿いを歩いて逗子へ。日常的に歩くので、できるだけ違う山を訪れるという。
 鎌倉の小さな山を抜けて海へ。そのまま海岸線を歩いてゆき、マリーナと漁港、そして秘密の小道を抜けると、逗子海岸が広がっていた。冷たいビールを飲みながら、仕事の山行と個人的な登山の違いについて聞いてみる。
「高所登山は自分のための登山。それを仕事にする力は、とてもじゃないけどありません」
 職業ガイドとしての岩田さんは、ともに山登りを楽しむ同志でありたいという。わたしでも登れるということを知ってもらい、山に行く人が増えることに役立ちたい。そうして、おこがましいことだけれどと前置きし、続けた。
「山に限らず、なにかを諦めてしまうことってありますよね。とくに、小さな子どもや中学生が自らの命を絶つような……」
 そんなに大げさじゃないけれど、わたしもそうなりそうなことがあったから。ぽつりつぶやく。
「たしかに、学校という小さな囲いのなかだけを見ると、居場所がなくて死んでしまいたくなるかもしれない。だけど大丈夫、世界はそこだけじゃないよ――そう言ってあげたいんです」
 わたしは何者でもないけれど、こんな人間もいるんだよと知ってもらえたら。
「そういう意味で、山登りという趣味で、誰かの役に立てたらいいなって思っています」
 2019年5月初旬、いまこの瞬間にも、彼女はエベレストのベースキャンプから空を見上げ、遙かな頂を目指している。
 


(いわた・きょうこ)1976年生まれ、登山ガイド。広告代理店やアウトドアメーカー、海外登山に強い旅行会社、近藤謙司さんが率い、冒険をプロデュースする「アドベンチャーガイズ」勤務を経て、登山ガイドに。2019年5月初旬現在、エベレスト山頂を目指して登攀中。旅の模様はブログにて。

1 2 3
 
 
ライター
麻生弘毅

1973年生まれ、フリーランスライター。カヤックやバックパッキングなどによる、長い旅が好き。著書に北極圏の泥酔紀行『マッケンジー彷徨』(枻出版社)がある。

line_box_foot