line_box_head

御朱印女子必見! 西日本最高峰の石鎚山にマジ卍で登ってきました。

(2019.09.03)

登山のTOP

icon

いよいよ、鎖場の登場です。この鎖場は、まだまだ序の口

最初は歩くよりも、アスレチックみたいで、写真とる余裕もあったんだけど

登るというよりも、鎖にへばりつく、といった方がいいかも

御朱印の道は、かなり険しいのね。

あー、二本足で歩けるって、すてき。

出たー、これが最後の三の鎖! もうほとんど、垂直です。御朱印集めは命がけなんです

やったー、ようやく頂上に着いたー。鎖から手を離すことができなくて、ほとんど写真を撮ることができなかったわ


初めての修験道は、辛く楽しい道のりでした。

頂上には、石鎚神社奥宮頂上社のほか、登拝者が宿泊する山小屋もあり、宿泊や休憩も可能。また、お守りやお札などの神アイテムも売っています。

頂上で、こんなにおいしいご飯が食べられるなんて、御朱印よりも、うれしいかも。あったかい味噌汁とご飯に、ここまでの苦労が報われました。

自分の足と手で、ちゃんと登りきった石鎚山でいただいた御朱印の重みは格別です。

御朱印をコレクターのように、ただ集めるのではなく、御朱印をいただくまでのプロセスこそが、とても大切だと実感した今回の石鎚山登山。鎖場という難所を一箇所も迂回することなく、遅くても確実に、誰の助けも借りずに登りきったことは、なんだか人生の歩みにも、似ているのかもしれません。天気が悪いなかでも、頂上で得られたささやかな幸せの温かさは、きっとこの先、忘れることはないでしょう。


▼〈えひめさんさん物語〉記事はコチラ▼

1 2 3
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot