line_box_head

Asian Hobo Backpacking in Bhutan

バックパックブランド「GREGORY」のサポートを受け、
アウトドアライターのホーボージュンさんが
アジアバックパッキングのレポートをお届けして今年で4年目。
令和最初の旅先は、“世界一幸せな国”として知られる
ヒマラヤのブータン王国!
果たしてどんな自然が広がり、
人々の暮らしが待っているのだろうか?

ホーボージュン令和元年のアジア旅! 「ヒマラヤの果て、雲の手前。〜幸せの国ブータンを旅する〜」後編

 

ブータン2度目のトレッキングは標高3,000mにあるタクツァン僧院への登山だった。タクツァン僧院はブータンで最も有名な寺院であり、チベット文化圏の聖地である。断崖絶壁に ……つづきを読む

ホーボージュン令和元年のアジア旅! 「ヒマラヤの果て、雲の手前。〜幸せの国ブータンを旅する〜」中編

 

ドラゴン号は渓谷沿いの急峻な山道を快調に走り続けた。太陽が高くなる頃「ジグメ・ドルジ国立公園」の核心部へ到達し、つづら折りの道がどんどん細くなった。今日はいよいよ ……つづきを読む

ホーボージュン令和元年のアジア旅! 「ヒマラヤの果て、雲の手前。〜幸せの国ブータンを旅する〜」前編

 

アウトドアライターのホーボージュンさんがアジアバックパッキングのレポートをお届けして今年で4年目。令和最初の旅先は、“世界一幸せな国”として知られるヒマラヤのブータン王国! ……つづきを読む

関連記事

【ホーボージュン書き下ろしエッセイ】クールなパックとアフリカの太鼓 グレゴリー「Zulu35」

 

「Zulu」という名前を聞いて僕がまっさきに思い浮かべたのは、南アフリカで会ったズールー族のことだった。牛革を張った巨大な盾を持ち、大きく派手な羽根飾りをつけたその姿は、アフリカに数多く存在する黒人部族のなかでも猛々しさ ……つづきを読む

過去の記事一覧

line_box_foot