line_box_head

pickup

<書評>奥野克巳『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』

 自分の財産のすべてが、地下の資源やほかの生物の命を変換したものだと気づいてから、働くことに身が入ら ……[つづきを読む]

(2019.01.17)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
line_box_foot
line_box_head

最新のニュース

もっとみる

もっとみる

line_box_foot