GSI OUTDOORS × Akimama特別企画

【アウトドアとグルメとGSI】

野外でのおいしいゴハンにこだわりを


 スタッキングのできるアルミのコッヘルセットにテフロン加工が施されたフライパン、無骨なスチール製のケトルがあれば、ホーローのキッチンセットもある。脚の取り外しができるワイングラスに木製のカトラリー、6種類のスパイスが分けられる調味料入れ、イタリア生まれのエスプレッソマシーン……。ありとあらゆるキッチン用品がズラリと並ぶGSI OUTDOORSのラインナップ。この一見、雑多にも思えるラインナップは、いったいどうやって生まれてきたのだろう? そんな疑問がふと浮かんでしまうくらいのバラバラさ加減が、じつは逆に気になってしまう。もしや、そこがこのブランドの狙い目なのか!?

 いえいえ、あるのです。GSIのブランドコンセプトには、太くてまっすぐで明確な一本の柱が。それは———。GSI OUTDOORS×Akimamaの特別企画は全4回を予定。上越国境の豪雪地帯で暮らす森山伸也さんと、世界のホーボーを旅するさすらいの物書き、ホーボージュンさん。著名なアウトドアライターのおふたりもとびきりのエッセイで登場!!

【GSI OUTDOORS①】一見、雑多にも見えるGSIのラインナップ。でも、そこには太くてまっすぐで明確な一本の柱が貫かれていた。

 1gでも軽量化を追求したい。軽さは正義である。もし、そう思っているなら、GSIは選ぶべきじゃない。GSIの商品が発しているメッセージは、たとえば数ミリのくぼみに生命を懸けて究極に挑むような人たちには、決して響かない。でも自然とともに在り、その恵みを享受しながらゆるりと生を楽しもうという心持ちには、必ずや応えてくれる。 ……つづきを読む

【GSI OUTDOORS②】放浪の末に出会ったホーロー・クッキングツール

1日のはじまりはポットの水を火にかけることからはじまる。家にいてもテントにいても、目覚めのあたたかい一杯を煎れるために。用を足し、犬に餌をやって顔を洗い、豆を挽くとポットがコトコト鳴りはじめる。人類が火を手に入れてから何万年と繰り返してきた崇高なデイリー・ルーティン。あるときは薪ストーブで、あるときは流木で、またあるときはシングルバーナーで。 ……つづきを読む




# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント