• 道具

【GSI OUTDOORS④】GSIのおすすめラインナップを動画で一挙にご紹介! ロケに使ったギア、そのもののプレゼントもあり!!

2021.09.22 Wed

PR

「一見、雑多にも見えるGSIのラインナップ。でも、そこには太くてまっすぐで明確な一本の柱が貫かれていた」 —— Akimama×GSI OUTDOORSの特別企画も今回で最終回。初回の記事にもあるように、GSIは「アウトドアグルメ」を突き詰めた、その先に生まれたある意味“究極の”ブランドである。

 これまでも書いてきたとおり、GSIの商品群には明確な区分けがある。使うシチュエーションを考え、アウトドアグルメを追求するために、それぞれの場合にどんな仕様が必要なのかが考え抜かれている。

 さて、そのシチュエーションとはどんなものか——。Akimamaでは、「湯を沸かす」「こだわり調理」「焚き火で使う」「とことんワイン」「スタッキング祭り」と5つのパートを考え、それぞれに短めの動画をつくってみた。どんなシチュエーションにどんなアイテムがフィットするのか、5本を一挙に紹介しよう。



湯を沸かす

「ハルライト」は、湯を沸かすことに特化したクッカー群。アルマイト加工を施したアルミ製で、少しでも軽くするために必要のないものは極力省く。湯沸かし時にコゲ付きは起こり得ない。よって、コーティング加工も不要となる。

ハルライト マイクロデュアリスト2.0 (*)
9,900円(税込)
 お湯を沸かす、または食材をあたためることを前提にしたコッヘルのセット。アルミアルマイト加工を施し、軽く丈夫なつくりではあるが、テフロンなどの加工は敢えてしていない。2人用のカトラリーとスリーブ付きのマグ兼ボウルがセットとなっている。
サイズ:φ14×H15cm 重量:510g 容量:1.4ℓ 内容:1.4ℓポット、スリーブ/蓋付き414㎖マグ&ボウル×2、Fスポーク×2(オレンジ、ブルー)

コーヒーロケット (*)
1,815円(税込)
 目の細かいステンレス製のフィルターを使うことで、紙フィルターは不要に。ちょうどカップ一杯分のコーヒーを淹れるのに適したドリッパーである。脚は折りたたみ式で、本体にすべてがきれいに収まる仕様。
サイズ:8.4×8.4×9.7cm 重量:77g 容量:235㎖(1カップ用) 素材:ポリプロピレン

インフィニティ バックパッカーマグ (*)
2,090円(税込)
 リサイクル素材でつくられたウェビングハンドル付きの軽量マグ。本体にEVAフォームを合わせ、断熱性を高めている。じつは、このマグのサイズ形状は、コーヒーロケットを収めるのにピッタリ。セットで持ち運びができるので、いつでもどこでもおいしいコーヒーにありつける。
カラー:レッド、ブルー、グリーン、サンド、ブラック サイズ:H11.7×W9.1×D10.2cm 容量:550㎖ 重量:99g 素材:ポリプロピレン rePETクロス、EVAフォーム


こだわり調理

「バガブー」シリーズは、複数人でのキャンプがベースのテーマとなり、より調理に適したクッキングセットがその売りに。当然ながら、こちらはテフロン加工済み。コゲ付き知らずで、こだわりの調理ができる。ちなみに、アウトドアジャンルでのクッカーで、デュポン社の基準を満たした証となる「Teflon」のシールが貼られているのは、このGSIのみ。あまり知られていないことだが、これも同ブランドの強いこだわりの現れである。

バガブーキャンパー (*)
 大人数でわいわいと楽しみたい人におすすめのキャンプ用のセット。4人分の食器(マグ、ボウル、プレート)がオレンジ、レッド、グリーン、ブルーと色ちがいで用意されている。ひとりずつちがった色を選ぶことができるので、誰がどれを使っているかもすぐに見分けることが可能に。また、バガブーは「こだわりの調理」をするための道具でもあり、フライパンやポットには、アウトドア系の調理器具にはめずらしく、デュポン社の基準を満たした正真正銘の「テフロン加工」が施されている。コゲ付き知らずである。
サイズ:φ23×H14.7cm 重量:1,577g 内容:蓋付き2ℓ、3ℓポット、23cmフライパン、スリーブ/蓋付き414㎖マグ&ボウル×4.19cmプレート×4(オレンジ、レッド、グリーン、ブルー)、Fポットグリッパー、スタッフサック

フェアシェアマグ (*)
3,300円(税込)
 ねじ込み式のフタ付きで、しっかりと密閉できる大型のマグ。EVAフォームの使用で断熱性も高い。じつは単なるマグではなく、パンケーキミックスやお好み焼き粉などの粉物を持ち運ぶのにとっても便利。形状が大きめなので、そのまま卵を入れてミルクを入れて、と、調理に使うこともできる。
カラー:ブルー、グリーン サイズ:H14×W12.7×D13.7cm 容量:946㎖ 重量:193g 素材:ポリプロピレン、rePETクロス、EVAフォーム

スパイスロケット (*)
2,640円(税込)
 いろいろな種類のスパイスが持ち運べると人気のスパイスミサイル。その大容量タイプがこれ。内蓋の振り出し口のサイズも2種類あるので、粒でも粉末でも使い方は自由。6種類のスパイスを持ち運べる。
サイズ:約φ5.3×H11.6cm 重量:119g 材質:コポリエステル、耐熱温度:70℃

SANTOKUナイフセット (*)
6,160円(税込)
 4インチと6インチの包丁に、小型の果物ナイフがセットになった「SANTOKUナイフ」。さらに折りたたみ式のカッティングボードに、洗剤用のミニボトル、ナイロン製の布巾をひとまとめにした便利セット。
サイズ:31×17.5×4cm 重量:578g 素材:ステンレススチール 内容:SANTOKUナイフ4インチ、6インチ、小型ナイフ、カッティングボード、ソープボトル、フキン、バリスティックナイロン製ケース

ラカウ スパチュラ
990円(税込)
 適切な森林管理を認証する国際的な認証制度、FSC認証を得た素材を使ったラカウシリーズ。スパチュラは木ベラのこと。
サイズ:H1.3×W6.4×D29.8cm 重量:48g


焚き火で使う

「グレイシャー」シリーズはステンレスの商品群。ズッシリと重くヘビーデューティーなクッカーのセットだ。ならば重さは気にせず、車やカヤックに一式を詰め込めばいい。浜辺で気にせずに、そのまま焚き火にかけることもできる。あえての黒いコゲ付きも、グレイシャーならではの“かっこよさ”となる。

グレイシャー ステンレスケトリスト (*)
8,140円(税込)
 ハルライト ケトリストのステンレスバージョン。容量1ℓと小さめのケトルながら、耐久性と軽量性の両方が備わったグレイシャーステンレスは高品質な18/8ステンレス。焚き火の直火もなんのそのである。
サイズ:16×15×8.9cm 重量:429g 内容:1ℓケトル、スリーブ/蓋付き414㎖マグ&ボウル、テレスコーピングスポーク、メッシュスタッフサック

フォールディングキャンプファイヤーグリル (*)
4,620円(税込)
 焚き火に便利な大型のグリル網。脚が折りたたみ式なので、持ち運びにもとっても便利。錆びにくく耐久性のあるステンレス製。
サイズ:L43.3×W21×H4.5cm 重量:932g 素材:ステンレス

ウルトラライトジャバドリップ (*)
1,980円(税込)
 コポリエステル製の3本の脚を折り畳むとほぼフラットになり、250サイズのガスカートリッジ缶の底面にピタリと収納可能。脚の先端にはクリップがあるので、ほぼあらゆるかたちのカップに取り付けができる。一般的な2〜4人用のペーパーフィルターにも対応。
サイズ:(収納時)φ10.7×H1.3cm 重量:11.3g 材質:(脚)コポリエステル、(フィルター)ナイロンメッシュ 耐熱温度:100℃

スパイスミサイル (*)
2,200円(税込)
 6種類のスパイスを持ち歩ける2室3段の調味料入れ。それぞれの段はねじ込みで着脱が可能で、不必要なケースを外して持ち運ぶこともできる。もちろん、追加して段数を増やすことも可能に。透明度が高く、中身が見分けやすい。
サイズ:約φ3.5×H10cm 重量:60g 材質:コポリエステル、耐熱温度:70℃


とことんワイン

 アウトドアにワインは付きものと、GSIのメンバーはワイン関連のアイテムにも力を入れている。ネスティングタイプのワイングラスは、軽くかさ張らず割れる心配のないアウトドア仕様。しかも、どれもこれも本格的で、赤、白、シャンパンとそれぞれにちがうグラスにこだわるところが、いかにもGSIらしい。

ネスティングワイングラス(2個セット) (*)
3,080円(税込)
 組み立て式で携帯しやすいコポリエステル製のワイングラス。クラシックなかたちのグラスは、白ワイン用と心得よう。2個セット。
サイズ:7.9×7.9×22.9cm 重量:136g(1ヶ) 容量:275㎖ 素材:コポリエステル、耐熱温度:90℃

ネスティングレッドワイングラス(2個セット) (*)
3,300円(税込)
 こちらも同じく組み立て式のワイングラス。太っちょの丸いかたちは赤ワイン用。空気をたくさん取り込んで、ふくよかな風味を楽しみたい。2個セット。
サイズ:9.4×9.4×23.9cm 重量:158g(1ヶ) 容量:443㎖ 素材:コポリエステル、耐熱温度:90℃

ネスティングシャンパンフルート(2個セット)
3,080円(税込)
 スラリとしたかたちはシャンパン、スパークリング系のワイン専用。もちろん、脚が外れてグラス内に収納できるスタッキング式。2個セット。
サイズ:6.1×6.1×13cm 重量:86g(1ヶ) 容量:177㎖ 素材:コポリエステル、耐熱温度:90℃

ステンレス ステムレスワイングラス (*)
2,640円(税込)
 ステンレス製で丈夫、かつステムレスなデザインでおしゃれなワイン専用のグラス。倒れそうで倒れない愉快なグラスだ。飲む時間も楽しみたい人に。
重量:82g 容量:320㎖ 材質:ステンレス


スタッキング祭り

 調理器具を一式まとめて持ち運ぶ。これも、アウトドアグルメを実践するためには、必要なこと。収まるべきところに収める、収まる。その気持ちのよさも、おいしい、楽しいにつながっていく大事な要素となっている。まさに、スタッキングこそ、GSIの醍醐味である。このスタッキング、いまではどんなブランドでも工夫が見られるポイントとなっているが、世界で最初に組み合わせ式のクッカーセットをつくったのはGSIなのである。2010年ころに発表した「n-Formシステム」は、まさしく画期的なシステムだった。

グレイシャー ステンレスキャンパー
20,680円(税込)
 たとえ重くとも、丈夫で錆びない大容量タイプがいい。そんなときに選びたいセット。車やカヤックに詰め込んでいくスタイルで使いやすい。ステンレス鍋のセットなので、焚き火に直火もOK。ボウルやプレートなどの食器類はバガブーキャンパーなどと同じく、色分けをした4人分のセットが装備されている。
サイズ:21.1×21.1×13.5cm 重量:2,066g 内容:蓋付き2ℓ、3ℓポット、φ22.9cmフライパン、スリーブ/蓋付きm414㎖マグ&ボウル、4.19cmプレート×4(オレンジ、レッド、グリーン、ブルー)、Fポットグリッパー、スタッフサック

ピナクル デュアリストHS
16,280円(税込)
 山登り仕様の2人用のクッカーのセット。ヒートラジエターを採用し、通常の鍋に比べ約30%早くお湯を沸かせ、同時に燃料を約30%節約することが可能に。セット内容はもちろん、きれいにスタッキングができる。
サイズ:16×16.3×15cm 内容:蓋付き1.8ℓポット、スリーブ/蓋付き414㎖マグ&ボイル×2、Fスポーク×2、スタッフサック

バガブーキャンパー (*)
20,680円(税込)
 大人数でわいわいと楽しみたい人におすすめのキャンプ用のセット。4人分の食器(マグ、ボウル、プレート)がオレンジ、レッド、グリーン、ブルーと色ちがいで用意されている。ひとりずつちがった色を選ぶことができるので、誰がどれを使っているかもすぐに見分けることが可能に。また、バガブーは「こだわりの調理」をするための道具でもあり、フライパンやポットには、アウトドア系の調理器具にはめずらしく、デュポン社の基準を満たした正真正銘の「テフロン加工」が施されている。コゲ付き知らずである。衝撃に強いストレーナー機能付きの蓋はフライパンとポット両方で兼用でき、高温に対応するナイロン66とシリコーン製。
サイズ:φ23×H14.7cm 重量:1,577g 内容:蓋付き2ℓ、3ℓポット、23cmフライパン、スリーブ/蓋付き414㎖マグ&ボウル×4.19cmプレート×4(オレンジ、レッド、グリーン、ブルー)、Fポットグリッパー、スタッフサック


(*)印付きの商品は、すべてプレゼント対象に。

(構成・文=宮川 哲 動画撮影=岡野朋之 協力=前田道恵)

■商品に関する問い合わせ先:エイアンドエフTEL.03-3209-7575 



 

GSI OUTDOORS ロケで使ったギアを“そのまま”プレゼント!

 今回、動画撮影に使ったGSIの用具のなかから、14アイテムをプレゼント。撮影用に一度使用しているので多少のキズありかもしれないけれど、車でいえば新古車レベル。それでもよし!! という人は、ぜひご応募を。この機会に、GSIの使いやすさに触れて欲しい〜。それぞれに1名、限定数なれど、以下よりエントリー可能です。ご応募、お待ちしています!

*応募の締め切りは10月22日(金)まで。



GSI OUTDOORSのサイトで詳しく見る


GSI OUTDOORS関連記事はこちら

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 ライター

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント