line_box_head

すばやく熱々のドリップコーヒーの飲める!? GSIの『コーヒーロケット』を買ってみた

(2019.02.25)

道具のTOP

icon

 寒い時期の登山ではやっぱり熱々のコーヒーを飲みたい! しかし淹れているそばから冷めるのが悩みのタネ。パーコレーターやフレンチプレス器は嵩張るしで、インスタントコーヒーで済ませることが多かった。アウトドア用のコーヒー関連製品を数多く展開しているGSI(ジーエスアイ)から、24グラムのコーヒーを約2分でドリップのできる新しいドリッパーが発売されたので早速購入しテストしてみた。

 青のフィルター部分にゴトクが付き、上部にお湯の軽量カップが連結されている。フィルターに挽いたコーヒー豆入れ、上にお湯を注ぐだけで、あとは2分待つだけの簡単設計だ。

【よく考えられた携帯性】

 別売りの同社インフィニティバックパッカーマグにジャストフィットする設計。隙間にコーヒー豆をパッキングすれば、カップを持つだけでコーヒーセットが完結する。スタッキングマニアにも気持ちの良いドリッパーだ。しかも、このカップはキャップ部分がゴムパッキンで完全密封できるため、湿ったカップ・ドリッパー・コーヒー豆の後始末を考えなくてよいのは登山ではうれしい設計だ。

【使ってみると】

 ドリップは確かに速いが、いつものコーヒーを使うと薄味だった。細挽きにしすぎると今度はドリップに時間がかかってしまう。ちょうど良いセッティングを見つける旅が始まる。←コーヒー好きなら楽しめる。

【結局冷えてしまう】

 やはり野外では風があると冷えてしまう。熱々のドリップコーヒーが飲めるかも!? と期待して購入したが、どちらかと言うと、お湯を入れて放置するだけでドリップコーヒーが作れ、持ち帰りも楽で便利なコーヒードリッパーとして活用している。熱々のコーヒーはシングルウォール金属カップで温め直すのが一番良い。

【結論】

 最初は薄味すぎて失敗したかなぁ〜と思ったが、挽き方を変えることで、味もドリップ時間も調整できるのがやっぱり楽しい。忙しい登山中の昼休憩でお湯を入れて放置できるのも良い。インフィニティバックパッカーマグと組み合わせるとコンパクトにまとまり、使い勝手が数段上がる製品だ。

 
 
ライター
森 勝

低山小道具研究家。元アクセサリーデザイナー。発明コンテストで賞金10万円を獲得した経験もあるギア好き。ブログは自転車とアウトドアライフ(遊び)

line_box_foot