line_box_head

料理研究家おすすめの「キャンプで使いたい家庭用鍋3」

(2016.02.18)

ごはんのTOP

icon

 アウトドアで料理をするとき、当たり前のようにアウトドアメーカーが発売しているアルミやステンレスの鍋、ダッチオーブンやバーベキューグリルを使う人が多いと思いますが、年に数回しかキャンプに行かない人にとって、値段の高い専用の鍋を購入するのはなかなかハードルが高いのもの事実。

 アウトドア専用としてしまうと保管場所も必要で、久しぶりに出したダッチオーブンやグリルがサビだらけ!! なんてことにもなりかねません。

 そんな方におすすめしたいのが、普段家庭で使っている鍋をそのまま野外で使うということ。ただでさえ野外という普段とは勝手の違う場所。普段使わない調理器具を使っておいしい料理を作るのはそれなりの覚悟と経験が必要になります。でも使い慣れている鍋だったらそのリスクは少なくなるはず。

 今回は車で行くことが前提ですが、私が普段キャンプにも使っている家庭用の鍋を3つ紹介したいと思います。

タジン
 7~8年前に一大ブームとなったタジン鍋。購入したものの、ブームが去ってそのまま戸棚の奥にしまいっぱなしになっている人も多いのではないでしょうか。

 そもそもタジンは、モロッコの家庭やレストランで使われている蒸し焼き用土鍋なのですが、モロッコではガスコンロだけでなく、炭火を使って調理している人もいるほど丈夫な鍋です。我が家のタジンは10年ほど前にモロッコを旅した際に露店で買った粗悪(よく言えば本場の)な物ですが、野菜やスパイスに漬けた肉を鍋に入れて蓋をし、弱火でじっくり蒸し焼きにするだけで驚くほど美味しい料理が出来上がる魔法の鍋です。

 鍋自体がかなり厚手なので、火加減の難しいアウトドアにはもってこいの鍋と言えるでしょう。

1 2
 
 
ライター
DILL eat,life.山戸浩介・ユカ夫妻

八ヶ岳南麓の食堂『DILL eat,life.』のオーナーである山戸夫妻。アウトドアの輸入代理店のスタッフだった浩介さんと料理研究家のユカさんが、食を中心とした山での暮らしや遊びの提案を行なっている。http://dilleatlife.com

line_box_foot