• フェス

チケット代がなんと1000円! 東京からも電車で30分あまりで開催されるTONE RIVER JAM

2016.09.24 Sat

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

 東京近郊で開催されている野外フェスは、実はあまり多くない。サマーソニックやグリーンルームなどがあり、もちろん野外フェスではあるのだけど、都市型のフェスだ。

 上野から電車で30分あまりの利根川沿いで開催されているのがTONE RIVER JAM。東京から気軽に電車で行ける距離の野外フェスだ。去年までは、夏真っ盛りの8月に開催されていたけれど、今年は9月に変更になった。

「真夏の野外も魅力的なのですが、ここ数年の天候不順に加え、気温が上がりすぎてしまうことが懸念となっておりました。もう少し落ち着いた天気でのんびりと過ごす空間を作ってみたいと思ったのと、あとは10年以上続けてきて主催者を含めスタッフも多少体力が落ちた…ということです(笑)」と語るのはオーガナイザーの杉本良輔さん。

 そもそもTONE RIVER JAMは、杉本さんらが内輪のBBQの延長でライブも楽しみたい、と思い立ち上げ、去年10周年を迎えた。

 かつては入場無料のフェスとして開催を続けていた。多くの人に気軽に楽しんでもらいたいという思いは今も変わっていない。

「なるべく多くの方に新しい楽しみを発見してもらいたい。身近に普段目にしたり、耳にしたりするものとはまったく違う音楽があると気付いてもらいたいと思い、なるべく安価で設定させていただきました」と杉本さん。

 今年の入場料は、なんと1000円。ライブハウスなどのハコでさえ、こんな低価格の入場料はない。

「思い思いの時間を過ごしていただければと思います。夜にはわずかながらですがキャンプファイヤーを囲んでのライブもあります。『フェス』として構えて参加するのもいいですが、ふらっと立ち寄って、気軽にパーティーに加わるのも楽しいと思います」と杉本さん。

 東京では雨が続いているが、日曜は久しぶりに晴れの予報。BBQにでも行くような気軽な気分で、TONE RIVER JAMに行ってみないか。

TONE RIVER JAM

開催日:9月25日(日)
会場:手賀沼フィッシングセンター
チケット:1,000円
出演:TURTLE ISLAND、shing02+SPINMASTER A-1+Nicholas Kaleikini、AO YOUNG TRIO、☆マーレーズ☆、他
 

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント