• カルチャー

【ベストバイ】フェスおじさんの野外フェスで聞きたいCD

2016.01.14 Thu

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

 1年で聞くアルバムの数って、どれくらいになるのだろう。貪り聞くようになんでも聞いていた20代とは違い、好みがはっきりしてきている今となっては、それほど多くはない。けれど、ラジオから流れてきた音楽やフェスで見たライブに興味を抱いて、アルバムにたどり着くことも少なくない。新しい音との出逢いには、いつも胸が高鳴る。

 2015年。もっとも聞いたのは、間違いなくグレイトフル・デッドの、7月3日から5日にかけて開催されたシカゴ公演の音源。20年ぶりにグレイトフル・デッド名義で行われたショーのライブ。テーパーが録りシェアされた音源を何度も何度も聞いた。

 ここで紹介する「ベストバイCD」は、「フェスで見たくなったアーティスト」という切り口。今、耳にしている音から、ライブではどう飛翔していくのか。ライブという空間でCDの音がどう演出され、どう視覚でもインパクトを与えてくれるのか。音を聞いてライブをイメージする。選んだのが、デビッド・ギルモア『RATTLE THAT LOCK』、カマシ・ワシントン『THE EPIC』、アラバマ・シェイクス『SOUND & COLOR』の3枚。2016年は、この3つのアーティストのライブが見たい。野外フェスで見たい。

デビッド・ギルモア『RATTLE THAT LOCK』

ピンク・フロイドの80年代中盤以降の中心的な存在だったデビッド・ギルモアが9年ぶりにリリースしたソロ4作目。叙情的なギター、詩的と感じさせてくれる音の世界が広がる。去年の秋にはヨーロッパツアーが行われ、今年はアメリカツアーも予定されている。

カマシ・ワシントン『THE EPIC』

ハービー・ハンコックやウェイン・ショーターといったジャズの巨人だけではなく、ローリン・ヒルやスヌープ・ドックと共演してきたサックスプレイヤーのカマシ・ワシントン。フライング・ロータスが制作総指揮を務めて完成した3枚組。総勢60名ものミュージシャンが参加し、ジャズだけには納まりきれないスケール感を放っている。

アラバマ・シェイクス『SOUND & COLOR』

60年代から70年代のソウル〜ブルース〜ロックを、今の表現で提出してくれるアラバマ・シェイクスが3年ぶりにリリースしたセカンド。iPadのTVCMに表題曲が起用されるなど、世界的に注目を集めている。昨年は、ボナルーやグラストンベリーなどのビッグフェスに相次いで出演を果たしている。

Latest Posts

Pickup Writer

ホーボージュン 全天候型アウトドアライター

菊地 崇 a.k.a.フェスおじさん ライター、編集者、DJ

高橋庄太郎 山岳/アウトドアライター

森山伸也 アウトドアライター

Muraishi Taro アウトドアライター

森 勝 低山小道具研究家

A-suke BASE CAMP 店長

中島英摩 アウトドアライター

麻生弘毅 アウトドアライター、編集者

小雀陣二 アウトドアコーディネーター

滝沢守生(タキザー) よろず編集制作請負

宮川 哲 アウトドアライター、編集者

林 拓郎 アウトドアライター、フォトグラファー、編集者

藤原祥弘 アウトドアライター、編集者

ふくたきともこ アウトドアライター、編集者

北村 哲 アウトドアライター、プランナー

渡辺信吾 アウトドア系野良ライター

河津慶祐 アウトドアライター、編集者

Keyword

Ranking

Recommended Posts

# キーワードタグ一覧

Akimama公式ソーシャルアカウント