line_box_head

期間限定で突如現れ消えていく……。まさに〝夢〟のような野外映画祭が神奈川県・逗子海外で開催中

(2017.05.01)

カルチャーのTOP

icon

 現在、神奈川県の逗子海岸では「Play with the earth」(地球と遊ぼう)」をコンセプトに、5月7日まで国内外の優れた映画を連日上映する屋外型映画祭「逗子海岸映画祭」が開催されています。
Photo=逗子海岸映画祭より
 JR逗子駅、京急新逗子駅から徒歩15分ほどにある逗子海岸に設置された約300インチのスクリーンを中心に、海のレストランや物販などのブースが展開され、その他ライブやトーク、スケートランプ、メリーゴーランドなど、コンテンツも目白押し。「映画祭」というタイトルであっても、映画をメインコンテンツにした野外フェスと考えるほうが逗子海岸映画祭の雰囲気は伝わるかもしれません。

 昨日まですでに3作品上映されましたが、5月7日まであと7本の作品が登場予定。本日1日は「India Day」と題しインドの作品をフューチャー。テレビ局で働く女性が神様を探している謎の男に興味を持ったことから始まる物語を、世界中で起きている社会問題を絡めて描く『PK』が上映されます。
 明日2日(火)は、Music Dayとしてゲストにピーター・バラカンさんを迎え、27歳でこの世を去った歌姫エイミー・ワインハウスの生涯を描いたドキュメンタリー『AMY』が登場! そのほか、日本の青春SF作品『時をかける少女』、アイルランドの神話をモチーフにしたアニメーション『ソング・オブ・ザ・シー』、スケートボードカルチャーをフィーチャーした『スケートボードフィルム』など、連日話題作が登場します。
Photo=逗子海岸映画祭より
 風が暖かく、穏やかな時間がビーチに流れる逗子のこの時期。ゆっくりと飲みながらすばらしい夕景を見送ったあとは、映画の世界へひとたびトリップしてみるのもよいのではないでしょうか。

 なお、夜はそれでも海辺は冷えますので、防寒具をお忘れなく!



逗子海岸映画祭
■場所:神奈川県逗子海岸
■入場料
 映画/一般¥1,500(高校生以下無料 ※要身分証明書)
 逗子市民は身分証明書の提示により500円!(※要身分証明書)
■開場/11:00(5/1、2の平日は15:00開場)
 チケット販売開始時間は開場の1時間前から
■上映時間:19時〜

上映作品、出演者、出店など詳細は公式サイトへ!

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot