line_box_head

実りの秋、文化の秋。都内ではフリー(無料)イベントが盛りだくさん。あなたはどの秋に触れますか?

(2013.10.18)

カルチャーのTOP

icon

画像

陶芸家からイラストレーターまで、さまざまな「ものづくり人」が集まってマーケットを開催。

画像02

中野駅近くの芝生が広がる公園で開催。ライブやワークショップのほか、野外映画館も行なわれる。

画像03

代々木公園にベジフードが大集結。食によって自分の生き方を考えるイベント。

画像04

全国から有機生産者が集い、野菜や土を通して、未来を考えるイベント。

 台風26号、大島など甚大な被害が出てしまいました。お悔やみとお見舞いを申し上げます。

 さて次の週末、東京では数多くのフリーイベントが開催されます。フリーとは、つまり無料。西から紹介していきます。

 まずは今回で9回目の開催となる「もみじ市」。陶芸家、布作家、料理家、音楽家、農家、イラストレーター、エッセイスト、カフェなど、さまざまな「ものづくり人」が集い、2日間だけのマーケットを開きます。自分でつくったものを自分で売る。そこで誕生するコミュニケーション。多種多様な「ものづくり人」と出逢える2日間です。

 中野駅近くの公園、セントラルパークで行なわれるのが「太陽と星空のサーカス」。太陽と星空の下、みんなでおいしいものを食べて、 好きなものを作って、見て、聞いて、触れて、みんなで楽しむことをコンセプトにしているイベント。大人も子供も楽しめるワークショップ、選りすぐりのプロダクトマーケット、ライブパフォーマンス、フードマーケットやマルシェ(野菜市場)も開催。大きなテントを映画館にした「太陽と星空のシアター」では影絵やアニメーションなどを上映されます。

 毎週のように無料イベントが行なわれている代々木公園で行なわれるにが「東京ベジフードフェスタ」。「何をどう食べるか」とは「どう生きるか」と同意語であるととらえ、そのひとつの答えを提示していきたいという。環境保護も意識したベジフード、有機野菜やナチュラルフード、エコ雑貨など、並んでいるショップを見ているだけでも勉強になるはず。ワークショップやトークショーも開催されます。

 4つ目に紹介するのが、官庁街の一角にある日比谷公園で開催される「土と平和の祭典」。音楽で彩られる日本最大級の環境配慮型の農業と農的暮らしのフェスティバル。7回目の開催となる今年のテーマは「未来(たね)を守る」。全国から有機農家が集結。ライブも加藤登紀子さん、仲井戸霊市さん、難波章浩さんなど、ビッグフェスに匹敵するほどのラインナップです。

 収穫の秋、味覚の秋。文化の秋。さてあなたは、どんな秋に触れに行きますか。無料イベントなので、ハシゴも可能ですよ。

もみじ市
場所:調布市多摩川河川敷
日時:10月19日 11:00〜16:00
   10月20日 10:30〜15:30
もみじ市の詳細はコチラをチェック!

太陽と星空のサーカス
場所:中野セントラルバーク
日時:10月18日〜20日 12:00〜20:00
太陽と星空のサーカスの詳細はコチラをチェック!

東京ベジフードフェスタ
場所:代々木公園B地区
日時:10月19日〜20日 10:00〜17:00
東京ベジフードフェスタの詳細はコチラをチェック!

土と平和の祭典
場所:日比谷公園
日時:10月20日 10:00〜17:00
土と平和の祭典の詳細はコチラをチェック!

 
 
ライター
菊地崇 a.k.a.フェスおじさん

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。

line_box_foot