line_box_head

12分間、パウダーとストリートスノーボードの世界に没入。「Jeremy Jones and Mikkel Bang Full Part」

(2014.10.05)

カルチャーのTOP

icon

画像

パウダーを滑るのはミッケル・バング。冒頭2分30秒あたりまでのパウダーセグメントの没入感はものすごいことになっております

画像02

カッコいいスノーボーダーっていうのはこの人のことでしょうね。ジェレミー・ジョーンズはきっと、妥協とか甘えっていうことがないんだと思います。今回もフルスロットル

 台風が近づいてきて外遊びがキャンセルになったりしてますが。空いた時間のうち12分間だけ、このムービーに使うことを強く推奨する次第であります。

 スノーボードブランド「Burton(バートン)」の新しいプロモーションムービーは、Jeremy Jones(ジェレミー・ジョーンズ)とMikkel Bang(ミッケル・バング)のフルパートです。

 まるでグラニュー糖のようなさらさらの雪の上を、軽やかに、スムースに、そして信じられないようなスピードで滑り続けるライダーたち。全編、ややスローで展開される映像はパウダーの滑り心地を思い出させてくれるドリームタイムです。

 そして、これまでに味わったことのないような臨場感。ああ、気がつかないうちにスノーボードの撮影はここまで進化していたのかと驚きます。小型カメラやドローンといった最新機材がシーンに応じて上手く使い分けられいることは間違いありませんが、あまりにその使い方が巧みすぎて没入感はやばいです。完全に夢の時間と現実との境目を曖昧にしております。

 さらに途中にはジェレミー・ジョーンズのめっちゃカッコいいストリートセグメントを挟み込んで、何とも言えないピンと張り詰めた空気感に固唾をのむことになります。

 北海道からは連日、寒い寒いの声も聞こえており、冬を待ち望む人たちにとってはカウントダウンの始まった10月。気持ちをそっちに切り替えるスイッチとしても、今日あたりのタイミングでオススメしたいムービーです。

■Jeremy Jones and Mikkel Bang Full Part - Burton Presents

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot