line_box_head

南半球老舗ブランドの代名詞がフルモデルチェンジ

(2014.10.26)

道具のTOP

icon

mac01

高い耐久性と快適な背負い心地を持ち合わせたクライミングパック「パーシュート」

mac02

強度が高く、非常に軽いダイニーマ糸を用いたボディ素材

mac03

背面のパッドシートは簡易的なスリーピングマットとしても使える便利アイテムだ

mac04

ロープの固定ができるトップのコンプレッションは、使用中のウェアなどを一時的に留めておくこともできる

 ニュージーランドで産声をあげてから、昨年で創立40周年を迎えたブランド「macpac(マックパック)」。今や日本のアウトドアシーンにも定着したこの南半球の老舗ブランドから、数々の遠征隊を支えてきたクライミングパック「Pursuit(パーシュート)」がフルモデルチェンジを遂げたというニュースが入ってきた。

 じつはこのフルモデルチェンジ、新しく作ったバックパックを逆にベースとしたという、少し変わった経緯をたどっている。

 この製品の開発に携わったのは、将来ニュージーランドを代表するようなクライマーの育成を目的とした、指導者と若手クライマーとで構成されたニュージーランドの登山精鋭部隊「ニュージーランドアルパインチーム」。より急峻な山岳地帯へのチャレンジをサポートできるように、彼らの要望をマックパック社が具現化したことが開発につながった。

 本体は軽量で高強度のダイニーマを主素材に使用し、クライミングに必要な機能以外を一切取り除いた非常にシンプルな設計。冬季の登攀にも対応するタフなモデルでありながら、本体はわずか590gにまで軽量化された。

 エクストリームな場面で登山精鋭部隊にとっての“必要”を形にした結果、'90年に誕生したマックパックの代名詞モデル「パーシュート」と非常によく似ていたことから、今回フルモデルチェンジという形で「Pursuit NZ Alpine Team」が発表されることになったというわけだ。

 その新しい「パーシュート」が、10月22日よりゴールドウインWEB STOREで先行発売が始まっている。

macpac Pursuit NZ Alpine Team
■サイズ:S2、S3
■容量:S2/37リットル、S3/40リットル
■重量:S2/590g、S3/640g
■素材:210Dダイニーマ、500Dコーデュラ
■カラー:(MY)ミコノス、(K)ブラック
■価格:23,760円(税込)
 
■問い合わせ
ゴールドウインカスタマーサービスセンター
☎0120-307-560
 

 

 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot