line_box_head

水濡れはもう怖くない。2年の歳月をかけて生まれた、最強のダウン素材

(2015.11.26)

道具のTOP

icon

jack01

テキサポールO2+は2レイヤーの防水透湿素材。耐水圧20,000mm、透湿値は15,000g/㎡/24hのスペックをもつ。わずかに伸縮性があり、着心地もしなやかだ

jack02

左がダウンで右がダウンファイバー。ドライな状態ではまったく区別できないが、濡らしてみれば一目瞭然

jack03

適度な厚みを持ち、日常生活の防寒着としても使いやすそう

jack04

脇の下にはピットジップも装備。ファスナーはダブルスライダーで細かい調整もできる

 ダウンが恋しい季節になりました。
 
 今年ダウンを新調しようという人がいたら、いいのがありますよ。ジャックウルフスキンのトロポスフィア DF02+ インサ ジャケットです。中綿は、ダウンファイバーというオリジナル素材と化繊綿の組み合わせ。このダウンファイバーに注目。いままでメディアで採り上げられていないのが不思議なくらい、画期的な素材なんです。

 ダウンがあたたかいのは、ふっくらとしたロフト(カサ)をもつからです。ロフトのある羽毛は、その間にたっぷりと空気を含んでくれます。

 中綿入りのウエアをインサレーション(Insulation)と呼びますが、インサレーションは直訳すると「断熱」とか「断熱材」という意味。空気は身近で手に入る最も効率的な断熱材です。

 ウエアのなかに封じ込められたダウンは、そのロフトによって空気の層をつくります。この空気の層が、外からの冷気を防ぎます。それと同時に、着ている人の体温で徐々にあたたまっていきます。ダウンのウエアがあたたかいのは、体から出る熱をウエア内に閉じ込めて、外に逃がさないからなんですね。

 ウエアのなかにできる、動かない空気の層をデッドエアと呼びます。デッドエアを確保して保温性を高めるという点では、化繊綿を使ったウエアも仕組みはいっしょです。両者のちがいは、すなわち中綿の性質のちがいです。

 ダウンは軽くてロフトがあるだけでなく、圧縮すればギュッとコンパクトになります。持ち運びもしやすく、アウトドアで使うには理想的です。

 いっぽうの化繊は、軽さやロフト、圧縮・復元性はダウンほどではないものの、濡れに強いという性質があります。ダウンの弱点は水に弱いことで、濡れると極端に保温性が低下します。ぺちゃんこに潰れてしまい、ロフトが維持できなくなるからです。シビアな状況が予想されるときには化繊を選んだ方がよいというのは、こうした理由によるものです。

1 2
 
 
ライター
Akimama編集部
line_box_foot