line_box_head

男性こそ乗るべき! 来期のK2女性用モデル「WILD HEART」がスゲー!

(2016.01.18)

道具のTOP

icon

画像

スッキリとした色づかい。小柄だけどちょっと太めのシルエットなので、男性の脚力にも負けません

画像02

グラフィックはフェミニン。K2のロゴも女性を意識したものになっていますが、中身はワイルドなハートを支えるに十分なパワフルさ。実際、女性にはちょっとフレックスが固すぎるかも、という声も上がっており、製品版では若干の変更が加えられるかもしれません

画像03

ショルダー部分には乳がんの早期発見・早期治療を訴えるピンクリボンがあしらわれています。この点から見てもユーザー設定は女性です。が、大切な人の健康を願うという意味では、男性が乗っていてもなんら不思議はないと思っております

 連日グッドパウダーに恵まれている北海道・ニセコでのK2 2016-17年モデル試乗会場から速報第二弾。比較的小柄な男性に朗報です。来期、ボードチョイスの幅が広がります。

 K2のフリーライドボードの中に「WILD HEART(ワイルドハート)」と名付けられているモデルがあります。デザインとサイズ設定からも分かるように、女性をターゲットにした製品です。が、これが日本人男性にとっては「マジか!」と思わせるくらいにドンピシャのグッドチョイスなんです。

 2015-16年モデルまでのWILD HEARTはパウダー指向の強い設定でしたが、来期からはオールマウンテンなフリーライドボードというコンセプトで生まれ変わります。つまりこれまで通りパウダーも楽しみながら、圧雪でもキレッキレのターンを楽しめるマルチな性格を与えられるというわけです。

 実はK2は2015-16シーズンから「ボリュームシフト」という、ボディシルエットをファットにして浮力のポイントを足もとに引き寄せる手法を執っています。この新たなテクノロジーのおかげで、実際の浮力や突破力は表示されているサイズの1〜2レンジ上というソコヂカラを身につけることに成功しているわけです。実際、今回の試乗ボードは146cmでしたが、152cmくらいの安定感を感じました。

 それでいながらボディサイズは146cmですから、振り回しても重さを感じないクルンクルンの身軽さ。狭いツリーの間もスイスイ。さらにスピードを出せばワイドボディとあいまって、ニセコのドライパウダーでも十分な浮力を得られます。北海道のドライスノーでこれですから、少し湿気のある本州なら浮力に不満を感じることはないと思います。

 加えてハリのあるフレックスが、短いランニングレングスを感じさせないキレのあるターンと気持ちのいい踏み応えを与えてくれます。みんながパウダーを食い荒らしたあとのズタズタ斜面もビッシリと深まわりで滑っていける安定感は驚きとしか言いようがありません。なんせ146cmなのに推奨スタンスは50.8cm。ええ、最初っから男性が乗ってもおかしくないスタンス幅設定。っていうか、たぶんスタンス50〜52cmくらいの人なら男性女性を問わずに遊べるスーパーハイバランスモデルです。

 まあ、よく考えてみたら男性用・女性用っていう区分自体に大きな意味はありません。スノーボードは性差ではなく体格で選ぶべきですから、女性用とされているモデルの中に男性が乗っておもしろいモデルがあるのは当然。そして、大柄な女性をもカバーしている海外系ブランドの女性用モデルの中には、小柄な日本人男性にフィットする製品があるのも至極当たり前。

 もちろん146cmですから、超ドライなディープパウダーでは浮力不足になるでしょう。が、そういう状況で楽しめるモデルは、K2の中にたっくさんあります。WILD HEARTが得意なのは荒れたゲレンデ、コース脇の未圧雪、春の重めでスラッシーな雪、タイトなツリーエリア、そして軽い取り回しが武器になるミニパークなどなど。よく考えてみたら、実は滑ってるシーンの6割くらいはそんな状況。なら、これをメインボードにして、あとはパウダーボードを一本ってチョイスもありだと思います。

 女性用だから、って理由でハナから選択対象外にするにはあまりにもったいない。Akimama的には2016-17シーズンのK2 WILD HEARTはユニセックスモデルなんだ、いや日本人男性こそ一度は乗ってみるべきモデルなんだと、声を大にしてお伝えしておきたいと思います。

 
 
ライター
林 拓郎

スノーボード、スキー、アウトドアの雑誌を中心に活動するフリーライター&フォトグラファー。滑ることが好きすぎて、2014年には北海道に移住。旭岳の麓で爽やかな夏と、深いパウダーの冬を堪能中。

line_box_foot